スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2016年新番組とインターネットアクセス
こんにちは、サイです。

2017新しく始まりましたが、2016年は数多くの斬新で面白い番組がリリースされた年でした。

特に以下の3つはSCI-FIといわれる分野でディストピアの世界観をどのように考えるかの材料を与えてくれるものでした。

Incorporated
Luke Cage
Westworld

個人的には、Star TrekなどのオーソドックスなSCI-FIものが好きですが、やはり現状のテクノロジーへの過度な依存による弊害について、だれもが考えるべき課題だと思っています。短いですが、Black Mirrorのシーズン3もこれに該当すると思います。

ただ最近になっているのが、メジャーTorrentサイト次々とDDOS攻撃を受けて、アクセスができなくなっていて、かろうじてPirateBayがアクセス可能だという状況です。KickAssのようにもしかしてなくなっていくのでしょうか。

曲はバッハの代表曲ですが、このパーフォーマンスは必見ですね。
Bach: Brandenburg Concerto No. 3 in G major, BWV 1048 (Freiburger Barockorchester)


スポンサーサイト
映像 | 13:50:14 | コメント(0)
今さらシンゴジラを見る
こんにちはサイです。

あまり、日本の映画は観ることがないのですが、今年は、シンゴジラ、君の名はが話題になり、日本でバズワードのように取り上げられました。

今回、機会があり、シンゴジラを見た感想を残しておきます。

ストーリーラインは、エバンゲリオンのように、未確認生物を前にした人々の混乱の状況をうまく描いているとおもいました。

ただ、個人的に話しにのめりこめなかった要因が最初の段階であれわれ、それを最後まで引きずって、展開に没頭できないという結果となりました。

何かっていうと、ゴジラがリアルではないんですよね。

具体的には、目が死んでいて動かない、剥製やぬいぐるみのような生命を宿していない怪獣であり、本当の恐怖を抱くことができませんでした。

私たちが目にするもので、何か怖がらせるものがあるとすれば、その目の力がもたらす、威圧感がその中心ではないでしょうか。

それがまったく動かないモックの目であれば、現実感がありません。

少し前に公開されていた怪獣映画でCloverfieldというのがあるのですが、ハリウッド映画であるため、その現実感は、シンゴジラの何倍もありました。

CGがこれだけ発達している中でそのことが議論されたのかな、と思ってしまいます。

Michael McDonald - What A Fool Believes


映像 | 13:53:35 | コメント(0)
Family GuyよりBrutalなF is for Family
こんにちは、サイです。

これまでもFamily Guy、South Parkなどかなり政治的に、人種差別をあおるエピソードが何気なくアニメで展開されていましたが、新たにメジャーネットワークではなく、
Netflixから新しいシリーズが開始されました。

やはりベビーブーマーといわれる人たちを狙った番組ということなんでしょうかね。

トランプの影響はいろんなところに現われています。

F is for Family theme song



映像 | 18:30:16 | コメント(0)
一泊400万円の『ウエストワールド』の世界
こんにちは、サイです。

年末に向けて、新しいTVシリーズが始まり、新規に見始めるものが最近増えています。

カルフォルニアの広大な敷地に、どんなことでも許されるテーマパークが運営されていますが、そこで、ゲストを待ち受けているのは、
人間にしか見えない、アンドロイドというものです。

プログラム通り動くはずのアンドロイドがそれにしたがうことをやめてしまっと時、人間にどのような影響がでるかをリアリティいっぱいに描いています。

『ウエストワールド』全米が大絶賛!TVドラマの常識を逸脱した最新超大作

Air on the G String (Suite No. 3, BWV 1068) -J.S.Bach 


映像 | 16:44:56 | コメント(0)
言の葉の庭とボビーウーマック
こんにちは、サイです。

日本では、シンゴジラに続き、君の名は。がヒットしているという話題でもちきりです。

両方とも個人的に見れていないので、何ともいえないですが、この前、言の葉の庭というアニメをみましたが、前評判通り、映像が突出して美しいというのが最初お感想です。

この映画では、古事記の短歌によって、自分の気持ちを相手に伝えるということが試されます。

このように特定の相手に対して、メッセージを理解して欲しいというのは、よく分かります。分かる人だけにわかってほしいという身勝手であり、正直な気持ちです。


--鳴る神の 少し響みて(とよみて) さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ

--雷神(なるかみ)の 少し響みて 降らずとも 我は留らむ 妹し留めば

新海誠監督インタビュー「これは雨宿りの映画」

この映画を見て昔聞いていたボビーウーマックのPoetというアルバにある曲を思い出しました。

Bobby Womack - If You Think You're Lonely Now


映像 | 12:58:38 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。