スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
オールドスクールが生き残るには --LEDから見る今後のビジネスのあり方
こんにちは、サイです。

ご無沙汰しております。

引っ越しがあり、とてもばたばたしておりました。

やはり、3月は異動の季節ですからね。

ただ、偶然この時期に引っ越しただけですど。

その際に必要になったリビングの電球が切れたため、ハードウェアストらでLEDのものを買いました。

最近は、LEDでも白いものだけでなく、黄色くて明るすぎないものがあり、それを購入しました。

そして、それを買ったときに驚いたのが、3年保証がついていることでした。

3年って長いですよ。

通常、LEDテレビ、PCなどを購入しても本体の保証期間は、1年となっている中で、これに3年とは。

今まで、通常の電球なんて、寿命がもったとして1年がいいところでしょう。それがいまやテクノロジーの進化により、3倍まで伸びています。

また、外側パッケージには、15年持つことを想定しているようです。

こういったものを作るメーカーさんは大変ですよね。これほど安くなったものが、3年もってしまうだけで、
今までの買い替えサイクルが期待できないのはとても大きな変化だと思います。

メーカーは自社で製造した責任について、買い替えサイクルを犠牲にして、進化した製品を売ることを余儀なくされる厳しい現実は、
いろんな製造業の共通のリアリティだと思います。

そういった流れからが、今までのモノを売って、所有権を移転するという従来のビジネスモデルが厳しい環境となり、
必要なサービスを、利用に必要な分だけ購入する、というクラウドサービスというのが注目され、所有権移転ビジネスモデルが生き残っていくのは、難しくなっていくのではないでしょうか。

今後の有望なマーケットとしては、そういったサービスを提供する機会が増えるため、実際にそれを利用するために、操作方法、機能確認、他のサービスからの移行方法など具体的サポートが24時間、ワールドワイドで必要になってくると思います。実際にそのサポートするというビジネスは、利用している人にしから分からないもので、これ自体が機械化されたりするよりも、直接、電話やメールにて問合せしたいというのが、普通の人の感覚ではないでしょうか。

以上、私の勝手な観測です。


追記:
iTunes販売を認めない日本の音楽業界は、今後どのような展開望むのでしょうか。

ダーウィンの進化論にいう、強いものが生き残るのではなく、変化に対応できるのが生き延びるという原理が改めて、証明される気がしてなりません。

リストラの恐怖に脅えず新たな業務を模索する時代


曲はひさしぶりにR&Bです。

Jagged edge -True man


スポンサーサイト
政治経済 | 11:08:33 | コメント(0)
ローカルでかつグローバルな話 --チャイニーズドリームの宴の後
こんにちは、サイです。

今日は、グローバルなブログにふさわしい話をします。(ほんまかいな。)

これは、ノンフィクションであり、実際に起こった話です。

とあるところにリーズナブルな値段で中華料理を提供するポピュラーなチャイニーズレストランがありました。

そこは、料理もさることながら、ウェイトレスがモデルのような美人揃いでした。

当然ながら、男性客が断然多い状況でした。

特別にチャイナドレスをまとったセクシー系ではなく、ただ、ポロシャツに黒いパンツという、服装は至って健全なものでした。

ウェイトレスは、4人いて、それぞれ違う個性を持った美人でした。

店長は、その4人すべてを平等に扱って、特定個人に特別な計らいはないように見えました。

私は、だいたい週一くらいで通っていましたが、ある事情があって、6カ月ほど、レストランに行くことができませんでした。

そして、久しぶりに行ってみると、例の4人が1人も残っていません。

また、新しい4人に入れ替わっていますが、なんか様子が違います。

その時は、店長の姿も見かけなかったので、不思議に思いつつ、レストランをあとにしました。

その後、1週間後に再度レストランに行ってみると、例の4人のうちの1人が店にいました。

久しぶりにいたので、安心しましたが、様子が大きく異なっていました。

お腹が大きくなり、妊娠していたからです。

あとから店の店員と仲良くなり、話をきいてみると、店長は”平等に”4人とデートしていたようです。

そして、たまたま1人が妊娠してしまったため、その子を副店長として処遇するように判断したようです。

思い起こせば、4人はバッチメートで、もしかすると共通の夢を持っていたのかもしれません。

このチャイニーズレストランを手に入れるという夢を。

その夢がかなわなくなった時点で人選にもれた人たちは、クビになったのか、自分からやめたのかは定かではありませんが、いなくなってしまったということです。

その他の3人はまた、別の夢を探しているとの話です。

こういう話、どこかで聞いたことはありませんでしょうか。

大企業の人事でよく起こることです。

例えば、こんな感じ。

新卒の時に、同期は200人ほどいました。

10年後、課長になる人間は、20人に絞りこまれました。
その他の人選にもれた人たちは、小会社に移籍したり、社内でも別の部署に異動したりと、メインストリートからもれたことが宣言されます。

さらに10年後、部長になる人間は、3人に絞りこまれました。
その他の人選にもれた人たちは、小会社に移籍したり、社内でも別の部署に異動したりと、メインストリートからもれたことが宣言されます。本社に残ったのは、昇進した3人のみとなりました。

夢、目標が実現しなくなった中で、本人にとって、どのように過ごすか考えることはとても大切です。

そういう現実は、突然ニュースになるのではなく、日常の中でそのことは予想できるようになっていると思います。私達、凡人はそういった事態をむかえることをふだんから準備するほうがいい結果を得ることができると思います。


曲は、やさしく語りかけてくれるようなチューンです。

Candy Dulfer - Everytime


おまけ
Candy Dulfer - I Can't Make You Love Me





政治経済 | 20:22:43 | コメント(0)
オッカムの剃刀 --驚き!4千万円貯金した夫婦のたった1つの簡単ルール
こんにちは、サイです。

オッカムの剃刀(Occam's razor)という言葉は聞いたことありますでしょうか。

いろんな業界で有名な言葉です。

おおざっばにいうと、同じことを説明するに、不要な仮説であれば、仮説は少ない方がいいというものです。

簡単なことで実現できるならば、難しいことはわざわざ必要ないとも解釈できます。

何かを実現するための方法を説明するのに、シンプルで納得がいくものであれば、それだけで有益な情報だと思います。


驚き!4千万円貯金した夫婦のたった1つの簡単ルール

どうでしょうか。とても簡単ですが、多くの人がやっていないことだと思います。

この中に隠された行動原理を理解できれば、とても合理的な習慣だと思います。

この曲は、最初にEuge Grooveを好きになったきっかけとなったものです。

Euge Groove - Religify


政治経済 | 12:34:51 | コメント(0)
南国風景とJazzのミスマッチ --Sky FM
こんにちは、サイです。


世の中便利になったものです。世界中どこへいっても、24時間無料で聞けるラジオがあります。

昔のクロスオーバー・イレブンのドラマは提供されませんが、音楽だけであれば、十分満足できるレベルです。

Sky FM - Smooth Jazz


ただ、Jazzのイメージは南国とは程遠い、寒い国、カナダなんかで好まれるでしょうね。

年間を通して高温の国では、Jazzは、普及しないのかもしれません。

確かにジャマイカ、マレーシア、シンガポール、台湾などで、Jazzを聞くという光景が思い浮かびません。

逆に、NY、東京、ロンドン、シカゴ、上海、モスクワ、トロントなど寒いところにはぴったりとマッチするのがJazzではないでしょうか。

ただ、クロスーバーイレブンの世界は、ちょっと独特ですが。


街も深い眠りに入り
今日もまた 一日が終わろうとしています
昼の明かりも闇に消え
夜の息遣いだけが聞こえてくるようです
それぞれの想いをのせて過ぎていく
このひととき
今日一日のエピローグ

クロスオーバー・イレブン
もうすぐ時計の針は
12時を回ろうとしています
今日と明日が出会うとき

--クロスオーバー・イレブン

終わろうとしている1日で、落ち着いて聞ける曲です。

Boney James - Seduction



音楽 | 12:56:20 | コメント(0)
何でも人のせいにする文化 --自己責任が浸透しない土壌
こんにちは、サイです。

すこし息抜きに最近身の回りに起こったことを記録しておきます。

実は、現在契約中のコンドミニアムの契約が切れるので、新しい契約をすることになっています。

こちらの標準では、契約締結時に、1カ月分家賃、2カ月分のデポジットというのが必要になり、その金額を準備して、エージェントにCheckをきりました。

それなりの金額なので、現金で用意するのが大変ですので(ATMに引き出し制限あり)、金額が大きい場合はCheckの方が楽です。

でその翌日、そのエージェントから電話があり、Checkが現金化でないと連絡が入りました。

私がCheckを切るときに残高をチェックしていて、もしない場合は、日付をずらして入金できる日に合わせてCheckを切りますので、残高不足はありえません。

話をよく聞いてみると、当人のIDが期限切れのため、銀行が現金化してくれないとこと。

まったくこちら支払側には落ち度はありません。しかし、エージェントはすぐにキャッシュが必要ですぐに私に払え、といってくる始末です。

自分の落ち度を認めず、払えといってくる自己責任の欠如感覚は、普通の日本人には、理解できないと思います。

まあ、この件についは、なんとか別の手段で解決しましたが、何でも人のせいにする文化の中では、自己責任という単語すら存在しないかのような錯覚になります。

郷に入っては、郷に従え、とはいいますが、あまりにひどい感覚には、こちらが主張せざるを得ません。

常識ある外国人からは、こういったことを指摘されることは多いようですが、すぐに忘れてしまい、元に戻るというのがこの国の伝統芸です。


曲は、ピアノが軽快なチューンです。

PIECES OF A DREAM- give u my heart

文化 | 12:38:41 | コメント(2)
努力で実現可能なこと、不可能なこと
こんにちは、サイです。

スポーツや音楽の世界において、才能の要素が強いか、努力によって能力が伸びるかということがよく議論されますが、皆さんはどのようにお考えでしょうか。

私は、飛びぬけた才能は生まれつきのもので、努力によってそれが追いつくことはない、と思っています。

特にこれは、音楽、スポーツについては、明確に現れます。

ジャクリーヌデュプレ、福原愛、宮里藍、五嶋みどり、内田光子などなぜか女性が多いですが、これは他の人が努力で追いつけるレベルを超えています。
小さいころから好きになる努力をせずに取り組んでいたという環境があるとは思いますが、それよりも先天性のものだと思います。

私が敬愛するかのEuge Groove氏も、5th Grade(10-11歳、以前は違う年齢を記載した気がしないでもないが)からSaxを始めています。

ここでも、"Learning over Education"という言葉がぴったりで、だれからから与えられるよりも自分で興味を持って楽器を触っていると思います。

以下に具体的な曲でティーンエージャーのときに、つくられた曲を紹介しますが、才能の前に通常の人の努力は到底及びません。

通常の確立で、このような確立で生まれる可能性は、ざっくりいって、10万分の1、もしくは100万分の1くらいではないでしょうか。

一般人が自分の子供才能があると思って、環境を整えたとして、親のできることは、たかがしれていると思います。

こういう現実を前にして、われわれ凡人ができることは、実は限られていると考えるのが、常識あるひとの結論になると思います。

また、そこそこの一般の人が可能なオプションについては、また、改めて記事にします。

Monica--16歳の時の曲:

Monica - "Before You Walk out of My Life"

Monica - Why I Love You So Much


Mario--19歳の時の曲:

Mario - Kryptonite

Mario - Music for love

凡人にはマネができない領域に踏み込んでいると思うのは、私だけでしょうか。


文化 | 13:42:29 | コメント(0)
素人でもできるエンジニアリングプロトタイプの時代 --素人がガイガーカウンターを作った
こんにちは、サイです。

最近、いろんな企業がグローバル化を掛け声に日本を出て海外で勝負をかけるという話をよく耳にします。

一番の走りは、1980年代にヤオハンが本社を香港に移して、グローバル展開をするというものでしたが、結果的にうまく行かず、倒産にまで至った話は有名です。

さて、時代は2015年を迎え、同じ掛け声でグローバル化している企業が未だに多いですが、本当にうまく行くか怪しいと思っています。

テクニカルな境界をこえることはそれほど難しくないが、実際に人間の心理的なボーダーを超えるのは、そんなに簡単なものではないからです。心理的なボーダーには、文化、歴史、法律基盤など複合要素がからみ、Aがすぐれている(A>B)から、即座にAに切り替えようとならないからです。テクニカルをクリアしたあとの心理的な受け入れまでどれほどかかるかを見越して、取り組んでいる企業はほとんど見当たりません。大半がそれを考慮する余裕がなく、それどこれではないということであれば、ヤオハンから何も学んでいないことになると思います。

テクニカルボーダーが簡単に国境をこえ、いろんなところで最適化することが可能ということは、よく言われることですが、こちらのビデオをみていただければ、本当のグローバル化とはどういうことか、わかりやすく説明しています。

英語トークですが、難しい単語がなく、日本人にも理解できると思います。(12分程度)

Joi Ito /Director of MIT Media Lab: Want to innovate? Become a "now-ist"


この中で興味深いのは、Learning Over Educationというものです。

彼自身が大学を3回もドロップアウトしているにもかかわらず、いろんな大学から講演を求められている立場はなんとも皮肉なものです。大学などの教育機関で提供できるのは、基本原則のみであって、実際にどのように」使うかに焦点があてられて、教えられることはありません。線形代数、微分/積分などの原理原則は、教育カリキュラムにありますが、それをビジネス現場でどう活用するかの視点はありません。ビジネスで活用するための知識の活用法、すなわち、自分自身のためにやることがLearningで、だれかが自分のためにやってくれるEducationとはまったく構造が違うため、一部の人には、Educationは向かないのかもしれません。Learningは自分向けにフォーカスされているため、セルフサービスでどんどん進化していくことが多いです。


311の時のガイガーカウンターについて、後日談があって、8月以降、世界中からガイガーカウンターが日本に送付されます。その数は、数十万アイテムに登っていましたが、税関の規制で日本国内に流通することが許されず、すぐに活用されることはなく、実際に流通するまで、1年以上も経過したあとということです。


人間の心理的な壁をこえるのは、思った以上に難しいです。
グローバル化成功の秘訣は、人間の心理的な壁にあると思います。

では、自分と向き合うというテーマの曲です。

Nina-I Can't Make You Love Me

追記:
興味深いニュース
学習できないドコモ、巨額海外投資で4度目の撤退

ドコモは、2005年に1兆5000億円の損失を出したことに対し、ボードメンバーがだれも責任を取らない体質です。その体制が維持されれば、次の失敗を大きくするのは当然だと思います。




政治経済 | 13:28:03 | コメント(0)
Flexibility--デスクトップ環境
こんにちは、サイです。


みなさんは、PCでどのようなデスクトップ画面をお使いでしょうか。
たぶん、自分に使いやすいようにカスタマイズしているのが、普通ではないでしょうか。


ふだん使うアプリケーションというは、特定のものに限られているので、めったに使わないものが、
配置されていると邪魔なことが多いです。

そんなわけで、参考までに私のデスクトップを公開します。



どうでしょうか?

マックふうですが、マックではないです。
マックの操作性は非常にすぐれているとは思いますが、サービスすべてAppleサービスを使わないと、すべての操作ができないというのが、非常に不便です。Itunesなんか重くてしようがないのに、音楽ファイルコピーはすべてApple経由にするというのはひどすぎます。

また、Windowsを使っていた場合、頻繁にシステムアップデートがあり、そのたび、非常に時間かかり、時には1時間も無駄にすることがあります。システムの更新で、1時間はガマンがなりません。
また、質の悪いソフトウェアに高額のライセンス料を支払うというのも納得がいきません。

今のところ、このVoyagerが自分にとって一番快適なPC生活を送れる土台になっています。

-システムアップデートに時間がかからない
-特定のサービスにしばられない
-高額のライセンス料が必要ない
-カスタマイズに柔軟性がある

この条件を満たしているのは、今のデスクトップかな、と思っています。

皆さんもいろんなことを視野にいれて、快適環境にするための見直ししてみるのをお勧めします。
カーネルが5G程度ですが、SSDに換装しているため、2秒で立ち上がります。
OSXは確かカーネルが6G程度だったと思います。

ではまた。

曲は大御所のものです。

GERALD ALBRIGHT - THIS IS FOR THE LOVER IN YOU


文化 | 16:14:15 | コメント(0)
ボタンの話 --クロスオーバーイレブン風に
今日は、サイです。

クロスオーバーイレブン風にお届けします。
---------------------------------------------------------------------


小さいころからボタンを押すのが好きだった。

親からもらったりするおもちゃには大体ボタンがついていた。

手にとったおもちゃのボタンを押すと、さまざまなことが起こった。

-音がなる
-何かが飛び出してくる
-モーターが周り始める
-電源がオンになり、音楽がスタートする
-テレビのチャンネルが変わる

自分の中では、何がおこるか予想もしていないが、とりあえず何かが起こっていた。

何も理解しないまま、ボタンを押していた。

起こったことになんの恐怖も抱かず、ただ周りにあるボタンすべてを押していた。

バスに乗った時も自分の降りるバス停ではなくても、ボタンが光っていれば、乗車した次の瞬間押していた。

小学校の体育館にある非常用の消火器にもボタンがあり、それを押して、学校中に警報音が鳴り響いて、
怒られることもあった。

自分の中では、コントロールできるものがあり、それに変化をもたらすことができる自分の大きさを
確認したいと思っていたのかもしれない。ボタンを押すことでこんな大きなこともできる、と。

大人になると、ボタンを押した結果、何が起こるかは予想できるようになる。

電動歯ブラシの電源ボタンを押すと、振動が始まり、PCのキーを押すと、それに対応するキーが入力される。

ボタンを押して起こることに責任を持った上で、ボタンを押すという判断ができる。その結果に責任が持てなければ、押さない選択もできる。押すということは、結果に責任を持つことに同意したとされる。

ただ、世の中には、ボタンを押した結果がすべて予想できるわけではなく、押してみないとわからないものも多い。初めて訪れる場所で、電車やバスを利用するとき、上り方向が正しいか、下り方向が正しいか判断できないことに出くわすものです。その場合には押してしまうしか、選択肢がない。間違った場合のリスクも予想した上で。

曲は確か、クロスオーバーイレブンで流れたものです。

Steve Perry - Foolish Heart

Stanley Clarke - Heaven Sent (Ft.Howard Hewett & George Duke)

Gilbert O Sullivan - Alone Again (Naturally)



音楽 | 17:36:56 | コメント(0)
スターゲートが全盛のころ
こんにちわ、サイです。

発表される音楽がすべて、一つの傾向に偏るということは一時的にありますが、
それが長く継続することはありません。どうしても飽きがくるから。

そりゃ、いくら高級でも寿司やすき焼きを毎日食べていたら飽きますよ、どんな人でも。

そんな時代に生まれた曲で、当時はミディアムだと思ってましたが、今の時点では、とてもスローに感じるのは、私だけでしょうか。

この時代は、Ne-yo、Chris Brown、Mario、Frankie J、George、Johnta Austinなどが活躍していました。
スターゲートのプロデュースで、ライオネルリッチーが復活したりとか、とても功績は大きかったです。

Marioさん、どこへ行ったんでしょうか。(´;ω;`)(☆彡)

今、聴くと懐メロに感じるのは、時代の流れでしょうか。

Kay B Groove Thang

Kay B - Impress You



音楽 | 23:12:33 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。