スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2015注目ドラマ --クライムドラマ最新事情
こんにちは、サイです。

2015年から新しいクライムドラマが始まっていますが、注目はこれです。

CSI: Cyber

話は、サイバークライムをハイテクを使って、捜査するという点では、新しいことはないのですが。

注目は俳優陣です。

ここには、あのBow Wow改め、Shad Mossが重要な役どころとして出ています。

知らなかった。改名していることも知らなかったし。

役どころは、元ハッカーで、FBIのコンサルタントして、ハッカーの手口を語るというもの。

インテリのにおいがしますね。

また、ピーターマクニコルもあまり冗談をいわないマジメなFBIディレクターを演じています。

これで、現在見ているものが、かなり増えました。

Blue Bloods
Motive
Majar Crimes
Criminal Minds
Stalker
Flash
Gotham
Grimm
Sleepy Hollow
Continuum

忙しいですね。

これら最新のこういったもののほかに、再度Dexter、Listner、Regnenesisなど古いものもあわせてみているので、
時間が足りません。

この人は本当に才能があります。10年くらい活動していますが、まだ28歳です。

曲を作ることに集中すれば、Chris Brownなどよりも売れるはずです。

元Bow Wowの曲です。

Bow Wow - Pretty Lady



スポンサーサイト
映像 | 13:38:19 | コメント(0)
アップルの決断 --ハードウェア接続からソフトウェア接続への幕開け
こんにちは、サイです。

アップルはさまざまなビジネスに影響を与える巨人です。

グーグルと双璧をなすといってもいいでしょうか。

そのアップルが大きな決断をしました。

ジョブズの戦略をすてる、と。

詳しくは、こちら。

アップルの新しいMacBookにより、ジョブズの方針は幕を下ろす

アップル、ジョブズの戦略と決別し「FoundationDB」を買収へ

デバイスにより、物理的な接続は、不要となり、ソフトウェアにより簡単につながるようになると。

すでに、ライバルのグーグルは、Chromebookをリリースして、対応済みになっているのに対抗して、Macbookを遅れてリリースした2番手ということです。

両方の巨人が同じ方向に向かっていますが、クラウド化は、やはり既定された未来ということになるのでしょうか。

3-5年後にPC、モバイルなどどのように接続されているかによって簡単に確認できると思います。

私にとって、今の状況では、ChromebookもMacbookも必要ないと感じますが、3-4年後はどのようになっているかはわかりません。

皆さんは、この二つのデバイス欲しいですか。

曲は、明日結婚する友人に向け、Wedding songで。

Monica - For You I Will


政治経済 | 14:11:12 | コメント(0)
ベンチマーク --同じ土俵で比較する
こんにちは、サイです。


日本では、スマホといえば、iPhoneしかマーケットにないような扱いをされています。

一歩日本を出ると、アップルは日本ほどは、強くはありません。

値段がネックになっているようです。

私からすると、PCより高い携帯ってどうか、とは感じます。


さて、アンドロイドの端末の性能を比較するによくAnTuTuというアプリが使われます。
(実はiPhone版もありますが)

WebニュースでAnTuTuで40000を超えるパフォーマンスとかよく見かける表現です。

画面の大きさ、画面の解像度など、複合的影響するものがどんなものであったとして、
基準を設けて、まず、共通土壌で戦わせようというものです。

-プロセッサー32ビットと64ビットでどのくらいが差が出るのか。

-画面の解像度が高いとパフォーマンスにどの程度影響が出るか。

などが分かるので、興味深いです。


さて、話は変わりますが、みなさんTOEICという制度はご存じですよね。

まあ、これもベンチマークなんですが、このベンチマークに対する信頼性は、いろいろ議論があるようです。

いつくか例をあげると、

--高スコアの受験者の英語運用能力が高いと言えない

--必要とされる語彙が狭い

--試験テクニックでスコアが伸びる

--主催団体が疑わしい

などいろんな角度からの批判であり、妥当な内容と思われる

逆にこの不完全性を理解したうえで、以下の部分は、評価できるのではないでしょうか。

--受験費用が他の同様テストに比較して、安い

--ほぼ毎月受験機会がある

--受験者が多く、客観的にライバルなどの点数と自分を比較できる

私の個人的な経験値からすると、

TOEICの高得点=英語力がある、は必ずしも成り立たないが、

英語力がある=TOEICの高得点、は成り立つと感じています。

私も昔はこれを受けていたんですが、最後いつ受けたか覚えていません。

確か、900は超えていたと思います。

で、この試験の満点は、990となっているのですが、この満点を目指して、対策をしていこうかと考えています。

やるなら、もちろん、満点取りたいですからね。

3ヵ月後の試験を見据えて、準備を始めます。

曲は、しばらく前にリピートして聞いていたものです。

Trina feat Monica - Always


人生いろいろ | 16:00:27 | コメント(0)
マタニティーリーブはさまざま --制度依存、会社依存
こんにちは、サイです。

最近、勤める会社できになったこと、書きます。

私は、米系の会社に勤めているのですが、なぜか最近連続して周りの同僚が妊娠しているのを数多く見かけます。

今まで気にしていなかったのですが、かなりお腹が大きくなっても、働いているのを不思議に思っていました。

会社の制度を調べてみると、産前6週、産後8週のマタニティーリーブがあるとのことで、その間は有給になるとのことでした。

そうなんですね、みんな給料を全額もらうため、このようにがんばっているというのが本当のところのようです。

でも会社によっては、休みはあるが無給というところも実際は多いようです。

そこで日本の場合を調べてみました。

大きく分けて二つです。公務員と会社員の場合です。

1.公務員の場合

産前6週、産後8週がせいどとしてあり、それが有給であり、出産後も育児育児休業を1年申請するひともいますが、その場合は無給になります。

2.会社員の場合、

産前6週、産後8週休むことが可能(労働法の規定)、ただし無給となっています。ただ、健康保険から給料の3分の2の出産手当金が支給されることがほとんどで、育児育児休業を取得する人はほぼ皆無で、出産後はやめるのが普通のようです。

日本では、会社に体力がなくても、健康保険が守ってくれるようですが、外国に出ると違います。

すべて会社が面倒をみるか、みないがその企業次第という感じです。

参考までにYahoo 知恵袋

日本の制度は、今のところ、機能しているようですが、今後高齢化により、制度自体を維持するのは難しくなっていくと思います。

This is so smooth. classy and splendid track.

Ne-Yo - Jealous


政治経済 | 11:14:52 | コメント(0)
ブログの目的 --三本柱
こんにちは、サイです。

日本では、もうすぐGWですが、いかがお過ごしでしょうか。

なかなかオフィシャルな休みでないと休めないという人も多いのではないでしょうか。

自分の休みぐらい、有給の範囲で自分でコントロールしたいものです、と日本にいるときはいつも思ってました。

なぜ、一斉に休みを取るのか、それによってもたらさせる混雑、料金の高騰、一時的な需要超過などデメリットの方が多いと思います。

同調圧力に抵抗できる人は少なく、みんなと摩擦を起こさず、仲良くというのが日本人ですからね、しょうがないです。

どこかで、日本は世界で一番オフィシャルホリデイが多い国だそうです。

たぶん、あたっていると思います。

自分の休みを自分で決めることができないので、国がお膳立てしようという意図があるのはないでしょうか。

私にとっては、単なるおせっかいですが。

さて、そろそろ、このブログの目的を明確にしたいと思います。


1.日々起こっていることに対して、そのときに感じたことを記録して、振り返れるようにすること

一番大事な点ですね。

2.ブログを書くという習慣を確立し、継続すること

まず、習慣化する前には、意識をしてそれを行い、それが意識しないでもできるようになることが習慣化だと思います。

3.趣味の世界の活動を自分なりに深化させ、その領域で専門家といえる立場を築くこと

好きなことをやっているので、その分野で技を磨くことにストレスを感じることはありません。

他にもありますが、この三つが柱だと思います。


まあ、そんな感じでブログを続けていきたいと思います。

曲は、情熱大陸のテーマをHip Hopにしたものです。

DJ SLY -Etupirka feat Grip Grand


人生いろいろ | 13:44:42 | コメント(0)
チャイニーズドリーム --その2
こんにちは、サイです。

以前にチャイニーズレストランの話を記事にしましたが、今回はその後の話です。


前回は、元ウエイトレスがレストランの店長(もしくは社長)と結婚し、レストランでの確固たる地位を築いたということろまででした。(これはノンフィクションです)


その後、元ウエイトレス(以下、ジェニファーと呼ぶことにします)は、レストランの実権を握り、作業の指示はすべて、ジェニファーから下されます。

何回か、そのレストランに行っていますが、毎日姿を見せていた店長は見かけなくなり、ジェニファーが最初からオーナーであったかのようにすべての管理をしているように見えます。

私の想像では、2つの方向に進んでいるように思えます。

1.オーナーはこの店舗については、ジェニファーに任せ、次に展開する新しい店のことで、頭がいっぱいである可能性(他店舗展開へむけて、準備中)

2.オーナーは、この店舗の運営に満足しており、自分は動かず、すべてジェニファーに依存し、仕事以外のことに興味が移っている可能性(現状維持で満足で、店舗のマネジメントに興味を失っている)

両方とも大きな危険が潜んでいますね。

1.については、将来に向けて拡大を模索するのは、大事だが足元の運営がうまくいっているいるかは常にチェックが必要で、それをあがっている来る報告でだけ判断していると、実際に業績が落ちてきたとき、ベンチマークを持っていないため、判断が難しくなります。ふだんからオーナーーが自分の基準でベンチマークを作り、それに比較して、現状がどうなっているかを、自分の目でチェックすることをしないと、”なんとなくうまくいっている””なんとなくうまくいっていない”のようなどんぶり勘定でしか判断ができなくなります。オーナーはもう少し、現店舗での運営の詳細を確認する必要があるように見受けられます。

もし、2.であれば、まったく興味を失っていことになりますから、熱意があり、現店舗をもっとよくしようということに興味を持っている人に売却すべきではないでしょうか。ジェニファーがいくらうまくやっているとはいえ、本当の経営者に自動でなっていくのは難しいと思います。店舗運営に、情熱があり、その後の展開も視野に入れられる経営者に、売却するのが、最適な選択だと思われます。


経営者になるということは、単に作業の指示をし、リソースをコントロールするマネジメントとは異なります。

経営者にだけができるのは、将来を見据えて意思決定をし、その結果に責任をもつことであり、マネジメントのように業績をチェックして、その改善を図るというものとは、似て非なるものではないでしょうか。


ピータードラッカーはマネジメント論で
マネジメントを次のように定義しました。

組織をして成果を上げさせるための道具、機能、機関


以下が長期的な視点からの意思決定であり、通常業務のマネジメントとは、違うものです。


決断の場面においては、トップは常に孤独である。

誰かが勇気ある決断をしなければ、どんな事業も成功しないだろう。

なんか中途半端な終わり方になりました。


曲は、夜に落ち着いて聞きたい感じのものです。

Boney James - East Bay


政治経済 | 13:11:21 | コメント(0)
ポピュラーミュージックの売り方、日米比較 --キッドナップモデルとセルフプロデュースモデル
こんにちは、サイです。

ドラマを見ていると、いろんな曲が流れますが、その中にはかなりの新人も含まれています。

ドラマにより、曲の特性がありますが、クリミナルマインズ、スモールビルなどのドラマに使われたことにより、新人がメジャーになることも多くあります。

Lifehouse、Five for fightingなどは有名どころです。

また、アイドルとしてデビューするのに、有名な番組としてアメリカンアイドルがあります。

熾烈な競争で、各地で実力を備えたライバルと、いくつかの審査を経て、デビューすることが約束されています。

アイドルといって、ティーンエイジャーだけでなく、25歳を過ぎた新人も多く含まれています。

ここから生まれた新人としては、Kelly Clarkson、Fantasia Barrino、Elliott Yamin、Carrie Underwoodなどが分かりやすい例といえます。
(Wikipedia:American Idol より)


ここで審査されるのは、あくまで、そのシンガーがもっているものすべてをどのように表現するかという、セルフプロデュースが常に問われているわけで、だれか助けてくれるわけでは、ありません。
結局、あなたは、何をどのように伝えたいの?という究極の疑問にさらされています。
審査のたびに曲を変えたりもしますが、それでも、一環して自分とは何者で、どう他人と異なり、これがやりたかったことだということを、全力で表現しているため、世界中のティーンエイジャーからも数多く指示されている番組といえます。

音楽のベースの売りは、そのシンガーの表現方法をどのようにプレゼンするかという、真剣勝負といってもいいでしょう。

これがセルフプロデュースモデルです。


一方、日本では、どうでしょうか。

日本での音楽業界を仕切る人物としては、昔は、小室哲哉、つんく、最近は秋元康に代表されるプロデューサーがオーディションを実施し、その基準にかなうアイドルを素人の段階から育てるというもので、アイドル自体のセルフプロディース力は最初から期待されていません。プロデュースは、プロデューサーが行うもので、その企画にしたがって、アイドルが量産されていきます。まるで工場で、基準にぴったりの製品が大量生産されるように。

この中で、重視されるのは、まったくの知識のない、素人を、ただに近い原価で、見つけてきて、キッドナップし、完成品をつくっていくというものです。、賞味期限としては、5年ももてばいいほうで、Smap、嵐、TOKIOなどは、10年を超えるものは例外的な成功例といえるのではないでしょうか。

ポイントとしては、原価を安く、短期間で、規格にあうものを、プロデューサーが見つけてきて、そだてるという日本的な発送で、プロデューサーがすべてマーケットのことを熟知しているというのが前提になっています。

本人の希望、要望などよりもマーケットで売れると想像されるアイドルグループに仕立て上げ、ドラマ、アニメのテーマ曲としてプロモーションするなど、すべてをデザインされた通りに従う、物分りのいい奴隷を量産しているというようにしか見えません。奴隷の中に自分のやりたいことの意識が芽生えてくると、独立騒動などに発展し、今までの面倒を見てきたことを恩着せがましく押し付けて、一大騒動になるのは、よく見かける光景です。当然予想できるシナリオといえます。

今の時代プロデューサーがポンコツになってきても、それに変わるプロデューサーが見つからないため、既存のプロデューサーにしがみついているのが正直なところではないでしょうか。

AKB48、乃木坂46、Exileなどもすぐに賞味期限が来る消耗品であり、すぐに飽きられるものになってきていると思います。

まるで、McDonald'sが世界中でのハンバーガーマーケットで苦戦しているのとかぶっている気がします。

皆さんは、どのようにお考えでしょうか。

曲は、アイドルといわれる分野のシンガーですが、歌はうまく、曲も自作です。
日本とはレベルが違います。

Carly Rae Jepsen - Call Me Maybe


音楽 | 12:25:22 | コメント(0)
ストア店員のクオリティが物語るもの --ストレスをためずに乗り切る法
こんにちは、サイです。

またまた、息抜きに身の回りで起こったことを記載しておきます。

日本以外の国には、桁違いに文化、考え方、習慣が違う人たちがいます。
(いろんな有言、無言の圧力により、型にはまることが強要されるのが日本です.そのことが日本を構成しているともいえますが)


その違いの大きさは、想像を絶するもので、実際に体験しないと実感できないものです。

前日、あるグローサリーの店で、買い物をしたときのことです。

小銭を出したり、受け取ったりするのが面倒なため、デビットカードで支払をしました。

そのとき、カード端末の処理に時間がかかっていて、しばらくたってエラーが出ました。

その時のメッセージが、自分の目で確認しましたがCommunication Errorとなっていました。

また、店員は、カードをスキャンしますが、再度同じエラーになります。

そして、その店員が私にいったことに驚きます。

You have insufficient funds in the bank.
銀行口座の残高不足だから、再度残高を確認しろ

おいおい、違うだろ、エラーがいっていることは、通信ができないといっているだろうと、反論するのが、一般的な日本人の対応だと思います。

そんなことは十分承知していて、銀行には、キャッシュが十分に入っていることも認識しています。

それを、この店員に対して、すべて説明しても、対応が変わるとは思えず、

分かった、現金で払う、といって、その場を立ち去りました。


外国で働いている人たちのレベルはさまざまで、その仕事に期待できるレベルというのは、そもそも、その収入に依存したものとなっています。

それほど、給料をもらっていない店員を責めて、自分の正しさを主張するのは時間の無駄だと思いますが、通常の日本人は、そういう店員にガマンがならず、ちゃんと調べろといって、時間を無駄にしてしまいます。

キャッシャーに期待できる対応力はそもそも限られていて、それに柔軟性、応用力、業務知識を期待するほうが、海外においては、誤っているといえる気がします。

ストレスをためずに、日常を過ごすには、その場を早くを終わらせることに徹するのが一番だと思っています。

本当に日本人は、どのレベルにおいても、日本クオリティを求めますが、それが通じるのは、日本国内でしかありえません。


曲は、Lionel Richieが復活するきっかけとなった、Ne-yo、Stargate系のチューンです。

Lionel Richie - Think Of You


文化 | 11:10:26 | コメント(0)
幸福のレシピ --Barry Whiteの場合
こんにちは、サイです。

記事を更新すると、ランキングってあがりますね。当然ですが。

本日、ご紹介する方は、すでになくなっています。

この記事は英語版Wikipediaを元に作成されているため、事実に誤りの可能性があること、ご容赦願います。

wikipediaによると、2003年に、58歳で、死去。

もともとは、LA南部で生まれ、ギャングスターやドラッグディーラに囲まれての生活だったため、恵まれていたとはいえません。
17歳のときにキャデラックようのタイヤを盗んだことで、監獄入りとなります。

そのとき、監獄の中で耳にしたエルビス・プレスリーの "It's Now or Never" をきっかけに、ギャング仲間から離れ、歌の世界に生きていくことを誓います。

デビューからしばらくはソロで、パフォーマンスをしていましたが、70年代に入ると、Love Unlimitedというガールグループと一体化したパフォーマンスで独自のオーケストラサウンドを確立し、
チャートを席巻するようになります。

この人の曲の特徴は、まず、①前置きが長い、時には3分を前置きだけで使います②オーケストラの演奏と歌が一体化している③テーマがいつも同じラブソングといったところでしょうか。

一番の特徴は、この人のビデオ画像や写真を見ると、常に幸福そうに笑っているところです。

本当に幸せそうに、余裕のある大きな男として、だれも真似ができない領域にいます。

人生後半は、糖尿病、高血圧、肥満からくる体調不良に悩まされる状況であったが、その中でもインタビューなどを見ても、心の底から来る笑顔で、幸福に満ちている印象でした。

60を前にした58歳で亡くなりましたが、17歳以降は、本当に幸せな人生で満足していた気がします。

ここで個人の幸福の成立条件を見てみると、
1.自分の領域を確立し、その分野でスタイルを確立しているため、専門領域という自覚があること
2.誰にも負けないスタイルを持っているため、ワンパターンといわれる伝統芸が歓迎され長持ちする
3.自分の得意分野では、技や技術を磨くのが苦にならない

の条件を満たしているため、短い人生であったとは、思いますが、幸せに過ごせたのではないでしょうか。

R.I.P.

曲は、通常の前置きが長いものと、前置きが短いもの、両方をアップしておきます。
出だしから独自の世界に入ります。

Barry White -I'll always love you

Barry White - Let The Music Play


人生いろいろ | 15:34:13 | コメント(0)
アメリカにおける必殺仕事人 --ドラマDexterが成り立つ背景
こんにちは、サイです。

4月になりましたが、今月初の更新になります。
久しぶりに、ドラマ・映像の話です。

かなり、前になりますが、深夜に必殺仕事人という番組が人気を博していました。

いろんな分野の殺しのプロが、裏ビジネスで設けるさまざまな悪人を、独自の基準で判断し、秩序を乱す原因を作っている悪人を始末していく珍しいタイプの時代劇でした。

さて所は、かわって、アメリカにも似たようなプロットを持つドラマがあります。

Dexterです。

Showtimeという新しめCATV曲からのもので、暴力、ドラッグ、同性愛、宗教、政治というさまざまなタブーから普通のメジャー局から、放送されない内容のものが多く発表されています。

同性愛、葬儀屋の現実を描いたHBOのSix Feet Under、ドラッグディーラーの中間管理職のような立場を描いたSopranos,普通の主婦がドラッグディーラーでいろんなドラブルを抱えるWeedsなど話題になるドラマはCATVからのものが多いのが現状です。

そんな中で、Dexterです。

Dexterは、マイアミ警察に勤めるブラッドアナリストで、犯人を特定するためのCSIなどで描かれるFrensicsの仕事をしていますが、それは表の顔です。実は、Dexterは、殺人鬼であり、それをカモフラージュするために、ブラッドアナリストの仕事を選択しました。

Dexterは、刑事をしているハリーという里親に育てられ、そのハリーは、Dexterが殺人衝動を持っていることを見抜いていて、その衝動をコントロールするためのルール、ハリーズコードを叩き込みます。それを身につけたDexter衝動をコントロールしながら、かつ自分の基準を追加し、ターゲットは社会にとって、大きな損害をもたらし、実際に自分の欲望のために殺害をしている犯罪者に絞りました。その基準があれば、抹殺することも正当化されるだろうと。

実際、Dexterは、ハリーズコードと、自分の殺人許容基準は絶対に犯しません。その基準を満たすのは、この世に役にたたない、邪悪の存在だけであり、自分は、ミッションを実行しているプロだという意識があるように思えます。自分の専門領域を守り、その基準にしたがって行動するまさしくプロ中のプロです。

いろんな分野で細分化したプロが至るところにあるアメリカでは、そういったプロフェッショナルは本当に尊敬されているという背景があります。

このドラマの面白いのそのプロフェッショナリズムを特殊な分野で描いているため、他の分野のプロからみても興味深いのではないかと勝手に想像しています


曲は、Ne-Yoの中でもHitしてもおかしくないのに、マイナーなチューンです。
Ne-Yo - Move Along




映像 | 21:27:53 | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。