スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サウスパークから学ぶPolitically Correct -新しい校長を迎えて
こんにちはサイです。

今日で3月は終わりです。

サウスパークを見ているとアメリカ人の本音が見えてきます。

ヒスパニック、アフリカンアメリカン、ゲイなどマイノリティに対して、本音ではやりたくないけど、タテマエ上差別をしていないという姿勢を公に示す必要があります。

PC Principalについてはこちら


実際のところ、酒を飲んで、マイノリティーに暴力を古い、自分たちの持っている基本的な権利を守り、そのグループに属さないメンバーには容赦ない扱いをする姿がリアリティとともに描かれます。

詳しくはSouth Park Season19 E01をご覧ください。
South Park - Stunning and Brave - "Check Someone's Privilege"

曲は卒業式によく使われるものです。
David Cook - Time Of My Life



スポンサーサイト
文化 | 12:45:19 | コメント(0)
Smallvill、Criminal Mindsからの曲
こんにちは、サイです。

巨大な自然に覆われたとき、人間は自分の小ささに改めて気づきます。

大きな山、大きな川、砂漠の中、いろいろな場面がありますが、その中に身をおいたときには、自然の圧倒的な支配力に力が及ばない自分がいることを知ります。

ただ、その中で、自分がその自然の中で一体化したときには何ともいえない、安心感、満足感を得ることができます。

そのような場面を手供してくれていたのが、Smallvill、Criminal MindsなどのTVショーでした。

その中で1曲を紹介します。

Five for Fighting - 100 Years



音楽 | 13:08:03 | コメント(0)
USA today
こんにちは、サイです。

3月もあわただしく終わろうとしています。

South Park、60 Minutesなどを見ていると現在のアメリカの問題点がよく分かります。

とくに政治家、俳優などの馬鹿げた行動をシニカルに描いています。

Top 10 South Park Celebrity Impersonations

曲は、クラッシクR&Bです。

Silk - Freak Me


文化 | 17:34:15 | コメント(0)
新生活にむけて
こんにちはサイです。

3月は、卒業、新入学のシーズンですね。

4月から新しい生活を迎える人も多いと思います。

久しぶりに新生活に期待を寄せるときに聞いて、印象に残っていた曲です。

Kanye West - Good Life ft. T-Pain

自分を見失うことがないように気をつけないと、巧みな誘惑の犠牲者になりますので、気をつけてくださいとしか、いえないですね。

人生いろいろ | 12:02:10 | コメント(0)
音楽のオリジナリティとは -Lifehouseを聞いて思うこと
こんにちは、サイです。

音楽の趣味は、個人的なものなので、テイストが違うと受け付けないという人も多いと思います。

ずっと日本の音楽を聞いていると、それ以外のものを聞くことができなくなってしまうことが多いようで、逆もそうです。

経験的に、日本以外の音楽を聞いていると、日本のものを受け付けない体質になってしまいます。

何の先入観もなく、これを聞いてしまうと、曲がミスチルの曲といっても違和感がありません。

Undone - Lifehouse


ただ、もしくかすすると、これをまねして、ミスチルが作ったというのが、真相に近いのかもしれません。

音楽 | 13:55:21 | コメント(0)
中国ビジネスの実態 -国家の威信のため導入されるディズニーランドの場合
こんにちは、サイです。

花見のシーズンになると、日本国内に外国人が多くなりますが、その中で大半を締めるのが中国人です。

まっとうなビジネス習慣が確立していない中国では、すぐにコピー商品であふれかえるようです。


上海ディズニーはホントに大丈夫なのか? 早くも偽物グッズ、偽ホテルが続々 マナーの悪さも相変わらず…

あらゆる手段を使って、コストをかけずにモノを売ろうという姿勢はある意味中国の伝統芸といえます。

この記事にもありましたが、香港のディズニーランドが赤字であるとは知りませんでした。

このような場合、US本国とのフランチャイズ契約を破棄して、独自のHongKonese Landなど名前だけを変えて、劣化コピーとして運営される可能性も大いにありえますね。

さて、曲はまたもやクラシックです。

Toni Braxton - Breathe Again


政治経済 | 10:38:29 | コメント(0)
クラシックソング -TLCの場合
こんにちは、サイでです。

東芝のメディカル部門がキャノンに売却されるということがニュースになっています。

東芝子会社の売却先に内定したキヤノン。医療機器のポテンシャルは

GEやシーメンスと戦っていくことになると思いますが、大変な競争だと思います。

曲は今は亡き、TLCです。

TLC - Baby Baby Baby


音楽 | 13:02:57 | コメント(0)
現代中国史 -ワイルド・スワンという名のノンフィクション
こんにちは、サイです。

かなり前ですが、世界中でワイルド・スワンという本が話題になりました。

著者は現在、ロンドン大学で教授をしているようですが、最近では、西太后秘録 近代中国の創始者という本を出していますが、前ほどには話題になります。

この本は、中国本土では発禁になっていて、中国人は内容を知らないようです。

歴史的なイベントが細かに描かれ、政治家、官僚がどのように市民に対して向き合うかが良く分かります。

現代の中国人が知ってしまったら、共産党、政治家、官僚などだれも信用しなくなり、簡単に革命が起こってしまうような内容です。

中国人の情報操作は本当に、恐ろしく入念に計画され、政治的な意図が存分に発揮されています。

思えば、三国志の時代から、中国は、誰もが政治的なアジェンダを動機にして、合従連衡を、離合集散を繰り返していて、骨の髄まで政治的なイデオロギーが染み付いていることが分かります。

日本人も本当の意味で、三国志、や現代の中国史を学び、中国人とは付き合わないようにするのが、一番の対応かと思います。

曲はかなり前のものですが、カナダ人アーティストです。

Deborah Cox - Nobody's Supposed To Be Here


文化 | 16:41:13 | コメント(0)
卒業生の初任給は1,300万円! 人気プログラマー養成学校 -ハック・リアクターの場合
こんにちは、サイです。

面白い記事がありましたので、記載します。

アメリカでは、大学の専攻がそのまま、仕事につながることが多いようですが、キャリアチェンジは、よほどのことがない限り難しいのが現実です。

そういった背景もあるため、この記事を見たときは驚きました。

卒業生の初任給は1,300万円! 人気プログラマー養成学校 -ハック・リアクターの場合

実際に仕事で使えるようにするため、レクチャーではなく、チームもしくはペアで課題を達成するという、仕事のスタイルに近いことが成功している主な理由だと思います。

曲は今は亡きGerald Levertです。

Gerald Levert - Can't Help Myself


政治経済 | 10:47:40 | コメント(0)
Conman getting conned
こんにちはサイです。

ミイラ取りがミイラになるという話が昔からありますが、実際に良くあることです。

Twitterで私生活を公開している人は大変ですね。

開いている画面が細かく分析される対象となります。

新譜がPirate Bayで流出のカニエ・ウェスト、ツイート画像から自身の違法DL行為が発覚。deadmau5に弄られる


この本人が違法サイトを訴えるとは、おかしな話ですね。

奥さんのカダシアンでお金をたくさん使いそうですから、大変そうではあります。

借金を抱えているというのは、この内容からすると真実味がありそうです。

曲はKeith Sweatです。

Keith Sweat - I'm Going For Mine


音楽 | 16:09:28 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。