スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドナルドトランプの関係者の信頼性
こんにちは、サイです。

USの大統領選挙について、興味深い記事がありましたので、のせておきます。

簡単にいうと、トランプの主治医は、サポートが切れたWindows XPを現在も利用しているようだが、そもそもそれは医学会では、認められないものであり、
そこに保存されているデータが簡単に流出するリスクがある。そして、このような医師と35年の付き合いのあるというトランプ氏の信頼性もその程度ということになるというものです。
そもそもトランプ氏はこの時代、PCも使うことができないという噂があるくらいです。


ドナルド トランプの主治医の信頼性

Has Donald Trump Ever Used a Computer?

Trump Doctor Wrote Health Letter in Just 5 Minutes as Limo Waited

スキャンダルというよりは、これまでこんなことお公になっていなかったということに驚きです。
しばしば爆弾発言をする森元首相と同じくらいのレベルですね。

Everette Harp - When I Think of You

スポンサーサイト
政治経済 | 11:50:02 | コメント(0)
理研STAP細胞論文捏造事件とメキシコ大統領
こんにちは、サイです。

気になったニュースがありましたので、記事にしておきます。

少し前に理研の研究論文の捏造事件が話題となりましたが、同様のことがメキシコで起こっているようです。


メキシコ大統領、院生時代の論文で盗用 3分の1の段落で発見

理研STAP細胞NATURE論文捏造事件

やはりというというか、当然というかサイエンスの分野でオリジナリティを説明するのが難しいとされますが、リーガルの分野でのオリジナリティも難しいということになりますね。

現状では、大学側は、盗用行為から長年たっているうえ、元学生は大学行動規範の適用対象とならないことから、ペニャニエト大統領に対して取れる措置はないとしている。ただ、この「前代未聞」のケースをどう処理すべきか、国内で最大の大学であるメキシコ国立自治大学(UNAM)に助言を求める考えだという。

ペニャニエト大統領の人気は過去最低水準に沈んでおり、地元紙レフォルマ(Reforma)に掲載された直近の世論調査では同大統領を支持するとの回答はわずか23%だったとのことです。

Fantasia - Truth Is


文化 | 12:44:10 | コメント(0)
ロボコップの現実化
こんにちは、サイです。

Zootopiaを初めとする映画の影響か、警察の犯罪捜査に関して、景観の危険から守るためということでロボットが投入されたようです。

911後、アメリカは警察国家といわれてしばらくになりますが、こういった兆候はいたるところに見られます。

以下はその記事です。

米警察が「爆殺ロボット」捜査投入 容疑者殺害 全米で波紋広がる

Wayward PinesというTVプログラムでは、環境が破壊された2000年後のアメリカで、人類を絶滅から救うため、電子フェンスで居住エリアを囲み、
外部からの進入を辛うじて防いでいます。たた、その居住エリア内でも、住人の行動が逐一監視され、昭和初期の治安維持法のごとく、自由がうばれていますが、
そのエリアの住民が全体として生き残っていくコストとして、受け入れざるを得ないというジレンマを抱えて、人々が暮らしています。ただ、食糧危機に遭遇した際、
外部にある食糧フィールドを野生化しているアビーといわれる人類の変種から争奪するしか打つ手がないという問題を抱えています。外部の悪影響を受けずに、
外部のメリットだけを享受したいというのが本音ですが、それが物理的に不可能であることを思い知らされます。


やはり、アメリカが警察国家に向かっているのは、多くの人がわかりつつも、それに抵抗する手段を見出せないというのが正直なところではないでしょうか。


Eric Marienthal "Get Here"



政治経済 | 11:55:27 | コメント(0)
ストックホルム症候群と認知的不協和
こんにちはサイです。

Rebuild.fmで何回か紹介されている起こりがちな人間の行動について少し考えてみます。
日常生活でよく見られる行動です。

以下の情報はWikipediaから得たものです。

1.ストックホルム症候群(ストックホルムしょうこうぐん、英語: Stockholm syndrome)とは、

1973年8月、ストックホルムにおいて発生した銀行強盗人質立てこもり事件(ノルマルム広場強盗事件)において、人質解放後の捜査で、犯人が寝ている間に人質が警察に銃を向けるなど、人質が犯人に協力して警察に敵対する行動を取っていたことが判明した。また、解放後も人質が犯人をかばい警察に非協力的な証言を行ったことなどから名付けられた。

犯人と人質が閉鎖空間で長時間非日常的体験を共有したことにより高いレベルで共感し、犯人達の心情や事件を起こさざるを得ない理由を聞くとそれに同情したりして、人質が犯人に信頼や愛情を感じるようになる。また「警察が突入すれば人質は全員殺害する」となれば、人質は警察が突入すると身の危険が生じるので突入を望まない。ゆえに人質を保護する側にある警察を敵視する心理に陥る。

2.認知的不協和(にんちてきふきょうわ、英: cognitive dissonance)とは、

人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、またそのときに覚える不快感を表す社会心理学用語。アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーによって提唱された。人はこれを解消するために、自身の態度や行動を変更すると考えられている。

具体例:

喫煙者が喫煙の肺ガンの危険性(認知2)を知る
認知1 私、喫煙者Aは煙草を吸う
認知2 煙草を吸うと肺ガンになりやすい


このとき、認知1と認知2は矛盾する。「肺ガンになりやすい」(認知2)ことを知りながら、「煙草を吸う」(認知1)という行為のため、喫煙者Aは自分自身に矛盾を感じる。そのため喫煙者Aは、認知1と認知2の矛盾を解消しようとする。


新たな認知(認知4または認知5)の追加
認知1 私、喫煙者Aは煙草を吸う
認知2 煙草を吸うと肺ガンになりやすい

認知4 喫煙者で長寿の人もいる 認知5 交通事故で死亡する確率の方が高い

また、別の具体例で言うと、新婚の夫婦が、念願の新築マイホームを手に入れましたが、当然、35年ローンなど毎月かなりの支払が必要な条件で契約したとします。
ただ、友人には自分が厳しい契約をしたということを認めたくはなく、新築マイホームを手に入れることを正当化するため、深層心理では、ローンを組んだことを公開しつつも、
新築マイホームを手に入れることを強く勧めるという行動として現われます。

別の例でいうと、あるプログラマーが苦労して、C言語でのプログラミングスキルを身につけたとします。ちまたには、Java,Swiftなど多くの新しい言語がありますが、
自分が苦労した分、C言語はとても役に立つ言語で、このスキルこそがプログラマーのスキルとして必要なものだと、他人に対してもC言語をすすめる行動に出ます。

世の中には、間違って行動を認識しつつも、それを正直に認めたくない、行動がいろんなところで目にすることができます。

ときには、正直に自分の気持ちに向き合う時間が必要なのかもしれません。

曲は、そんなときにリラックスして、落ち着かせる感じのものです。

Brian Culbertson- On My Mind

人生いろいろ | 13:22:08 | コメント(0)
The man in the high castle
こんにちはサイです。

最近、ディスとピアをテーマとする映画、TVショーなど増えていますが、その中で、今後のアメリカ自体が今のままではこのっていかないというのが多くの場面で描かれます。

The man in the high castleはアマゾンから配信されていますが、原作自体は、40年以上も前に発表されたものです。

第2次世界大戦が終わり、勝利したのが枢軸国、ドイツ、日本、イタリアという設定です。
そして、アメリカがニューヨークなど東側がドイツにより統治され、サンフランシスコなど西側が日本というように分割して統治されているという状況です。
ドイツ側がテクノロジーを発展させ、数々のハイテク製品を生み出しますが、西側の日本は、古い文化に浸って、テクノロジーに遅れをとっています。
そこでドイツが虎視眈々と、西側をも手にしようと、いろんなスパイ活動をおこない、日本を脅かしているなかで物語がスタートします。

ドイツ、日本に住んでいる両方の住民とも警察からの強い監視を受け、自由な活動とは程遠いなかで生活しています。
昭和の戦争前の治安維持法で、国民を監視する憲兵隊の残酷さ、それを受ける国民の息苦しさが画面からよく伝わってきます。

アメリカ人がどのように日本人をみているかが分かるようになります。
無表情で、なんの感情も出さず、交渉の場面に現われる日本人は不気味さを相手に与えます。

曲はEuge Grooveです。

https://www.youtube.com/watch?v=6DMZtVatHUg


映像 | 13:48:04 | コメント(0)
伊藤計劃/ハーモニーに出てくる生活習慣の監視
こんにちは、サイです。

ハーモニー読み終わりました。

というネタばれしないようようにサマリーをしておきます。
ハーモニーの社会は大規模な戦争後アメリカがなくなり、大量の犠牲者がでたことの反省から、人々が健康に生きていくということが社会全体のリソースとして管理されていくことになります。
喫煙、飲酒、ドラッグ、食事の内容などすべてが体内に埋め込まれたチップによりモニタリングされ、すべて、"生府"によって一元管理されるようになり、すべて最適化されたハーモニーが実現している社会です。

個人の肉体は、個人の所有物ではなく、公共財産として管理されていますが、主人公の友人であるミァハは、高校時代から自分の肉体は自分の意思によって管理されるべきもので、意思決定は、他人によって管理されるべきではないという立場をとっていましたが、その後....

日本でも生活習慣病という名前が定着してかなり時間が経過していますが、代表的なものとして、高血圧、糖尿病、肥満、ガンなど日本人の死因のほとんどを占めている病気について、
通常の生活習慣が原因になっているということでは、意見が一致していますが、実際にどの習慣化を具体的に医者が伝えることはあまり見かけません。。医者自体が理想的な生活をしているかというと、
その理想から程遠い生活をしていることが多いようです。

今から約40年前に発表されている「マクバガン・レポート」でその内容を詳しくレポートしていて、それが5000ページ及んでいますが、その内容は一般的に流通することが政治的に禁じられているためか、
内容が有益情報として活用されることは、ありえないという状況となっています。やはり、日本医師会、グローバル製薬会社、グローバル食品メーカーによるディスインフォーメーションプロパガンダにより、ここにまでたどり着ける人はかなりの少数派と言えます。

以下は現役で、アメリカ在住でメディカルスクール教授の著書から引用します。新谷弘実著「病気にならない生き方」
-----------------------------------------------------

-食生活が及ぼす人体への影響
 肉食が腸相を悪くする最大の原因は、食物繊維がなく、脂肪やコレステロールを大量に含んでいることにあります。肉食を続けていると、腸壁がどんどん厚くなりますが、これは食物繊維がないために便の量が極端に少なくなり、その少ない便を排出するために腸が必要以上に蠕動しなければならなくなるからです。つまり、過剰な蠕動運動により腸壁の大部分を構成する筋肉が鍛えられ厚く大きくなってしまうのです。こうして腸はかたく短くなっていきます。
 腸壁が厚くなると、内腔は狭くなっていきます。かたく狭くなった腸の内圧は高くなるのですが、動物性タンパクに加えて脂肪も大量に摂取して腸周辺の脂肪層が厚くなるので、さらに腸壁に圧力がかかります。こうして腸内の圧力が高くなると、中から外に向かって粘膜が押し出されるという現象が起きます。この現象が「憩室」と呼ばれるポケット状のくぼみを作り出します。
 こうなると、ただでさえ量の少ない便は腸の中を進むのがむずかしくなります。その結果、腸の中に長く停滞する「停滞便(宿便)」がたまってきます。その停滞便は腸壁にこべりつくようにたまるのですが、そこに憩室があれば、そのポケット状のくぼみに停滞便が入り込み、さらに排出されにくくなります。
 憩室やひだの間にたまった停滞便は毒素を発生し、その部分の細胞に遺伝子変化を起こさせポリープを作り出します。そしてポリープが生長し、ガン化していくのです。 

-アメリカ人の腸と日本人の腸の違い
 私が…ニューヨークに渡り…1967年に(私が開発したのが)「コロノスコープ(大腸内視鏡)」の最初のものです。その後、長い(185cm)スコープが開発されるとすぐに購入、そのスコープを使って、アメリカ人の腸を初めて見たとき、私はその腸相の悪さに驚きました。肉を常食していたアメリカ人の腸は、日本人の腸よりも明らかにかたく、短くなっていたのです。さらに内腔が狭いうえに、まるでところどころ輪ゴムで縛ったようなリング状のでこぼこができていたのです。憩室も多く、そこに停滞便がたまっていることも少なくありませんでした。
アメリカ人は腸にトラブルを抱えている人が多く、当時は10人に1人はポリープがあるといわれていました。…私はアメリカと日本を2対1の割合で活動してきたため、両国民の胃相・腸相の移り変わりをつぶさに見てきました。
60年代に入り高度成長を迎えた日本は、アメリカに追いつき追い越せとばかりにあらゆるものをアメリカにならいました。…それまで野菜と魚が中心だった日本の食卓は、…動物性タンパクを中心とする高タンパク・高脂肪食が飾るようになってきました。…
…動物性タンパクをたくさん食べると人間の成長が早くなるということは事実です。…しかし、ここにも動物食の危険な落とし穴があります。それは「成長」はある年齢を超えた時点で「老化」と呼ばれる現象に変わるということです。…お肉を好んで食べている人は、それがあなたの健康を害し、老化を進めているということを覚えておいてください。
 一方アメリカでは、1977年の「マクバガン・レポート」を機に、国家をあげて食事改善が進められてきました。その結果は両国民の腸相に表れています。
きれいだった日本人の腸相は、食生活の変化とともに年々悪化し、いまではすっかり肉を常食しているアメリカ人の腸相に似てしまったのです。それに対し、アメリカ人のなかでも真剣に自分の健康を考え、高タンパク・高脂肪食を改善した人たちの腸相は、みごとに改善されてきています。その結果、1990年以降は、大腸ポリープやガンの発生率も低下しています。…

-成長期と非成長期の動物性たんぱく質の違い
ガン患者の食歴を調べていくと、動物食(肉や魚、卵や牛乳など動物性の食物)をたくさんとっていたことがわかりました。しかも、早い年齢で発病している人ほど、早くから動物食(特に肉、乳製品)を多く、そしてひんぱんにとっていたことがわかったのです。乳ガン、大腸ガン、前立腺ガン、肺ガンなど、発病したガンの種類はさまざまですが、この傾向だけは同じでした。
そして、どんなガンを発病した人も例外なく腸相が悪かったのです。…
食事が原因で起きる病気は、それを食べたからといってすぐに発病するものではありません。しかし体の中では、これまでの食生活が確実に蓄積されています。…
新谷食事健康法では…「タンパク質が不足しませんか?」と聞かれることがよくあります。でも、心配はいりません。植物食でも、タンパク質は充分にとることができます。…もちろん、植物性タンパクもけっしてよいことではありません…。
…チンパンジーの食事を見ると、その95%は植物食です。…そんなチンパンジーの胃腸を私は内視鏡で見たことがありますが、胃腸を見ているだけでは人間かチンパンジーかわからないほど似ています。そしてなによりも驚いたのは、彼らがとてもきれいな胃相・腸相をしていることです。

-動物性タンパク質:肉と魚の違い、そして油に関して
…「魚」であっても、過剰摂取が健康被害をもたらすのは同じです。
ただし、私の臨床データによると、「肉食腸」と「魚食腸」には決定的な違いが一つあります。それは、魚中心の食事をしている人は、どんなに腸相が悪くても、「憩室」ができることはないということです。…
 こうした腸相の違いはどこからくるのでしょう。これは肉と魚、それぞれがもつ「脂肪」の質の違いではないかと、私は考えています。…
 牛や豚や鳥の体温は、人間よりも高い38.5~40度、鶏の体温は…41.5度です。こうした人間よりも高い体温の動物の脂は、その温度でもっとも安定した状態にあるということです。つまり、それよりも体温の低い人間の体内に入ったときには、ベタッと固まってしまう。この脂のベタつきが、血液をドロドロにしてしまうのです。…
 一方魚は…人間よりはるかに低い体温をしています。その脂が体温の高い人間の体内に入ると、…さらさらの液体になります。…魚がもつ脂が血液をサララサにし、悪玉コレステロールを下げるといわれているのは、このためです。…
 油はどのようなものであっても、…できるだけ調理には使わないほうがいいのです。…一般的には、ビタミンAを吸収するには、油を使って料理したほうがいいといわれます。しかし、脂溶性のビタミンの吸収に必要な油の量はごく微量なもの…ですから、…大豆やゴマなど脂肪を有している食物をほんの少し一緒に食べるだけで充分に吸収することができます。

-生活の「便利さ」の代償
いまの人間社会は、そうした自分たちの拡大させつづけてきた「欲」と「便利さ」の代償を、病気というかたちで支払っているのかもしれません。
でも、もうそろそろ現在の医学の延長線上に本当の健康はないということに気づいてもよいころです。私たち人間も自然の一部です。…自然の摂理に身をゆだねなければなりません。…みずからに備わった「命のシナリオ」に耳を傾けるということです。
太っているのに飢餓感を感じるのは、必要な栄養素が足りないからです。下痢をしたり便秘をしたりするのは、体に適さないものを食べているからです。そして、病気になるのは、命のシナリオを無視しているからです。
ですから、これからの医学は、これまでのように病気を力でねじ伏せていくような医学ではなく、…みずからに備わった自然治癒力を目覚めさせ、命を養っていく医学にシフトしていくべきだと私は考えています。

以上、長文になりました。

曲は、スクリプトです。

The Script - Six Degrees of Separation


人生いろいろ | 13:32:04 | コメント(0)
プロ野球監督の采配の正当性
こんにちは、サイです。

一度、Rebuild.FMで話題になっていたものですが、興味深いので記事にしておきます。

組織の不合理さを思い知らせるために、日本の組織では完全なパワハラと認定されるような業務命令をだし、それに従わせるということが慣例になっています。

このケースでは、阪神の藤浪投手が、完全に制球が安定していないことが明白な状態で、161球までの投球を続けさせ、降りたいという意思表示にも懲罰として投げさせて、
監督の偉大さを無理やりに押し付けるということが習慣的に見られ、日常の光景として、投手が消耗品として扱われていることが分かります。

権力についての、レッスンを教えることを優先することで、プロとしての投手のリソースを乱用し、選手生命を短くし、また、監督への不信感を大きくすることに終わることを正しく認識していないように思われます。
一時的な怒りによる意思決定がその後のチームに与える長期的なリソース育成に害を与えることが簡単に許されています。

以下はそれに関するニュースサイトの記事です。

投球数に見る日米の考え方の差異

阪神藤浪の161球懲罰投球の理由とは?

阪神・藤浪に161球を投げさせた金本采配の是非

集団の圧力による個人の抹殺は日本の組織ではありがちですが、それが外国人や他国で起こったときには、合理的に説明できるものではありません。

興味がある方は、Rebuild.FMの#151を聞いてみてください。

曲は一昔前の、R&Bです。

Usher - Love in this club part 2


文化 | 13:57:48 | コメント(0)
初体験フルーツ
こんにちはサイです。

初めてジャックフルーツというものを食べました。
見た目は、ウニのような棘に包まれたかなり重いフルーツです。

こちらがイメージです。

中を開いて食べてていると、びっしりと配線されている人間の脳神経をたべているような錯覚を覚えます。

ドリアンと形状は似ていますが、それほど匂いは強くありません。

味自体は、マンゴスチンと似た感じですかね。

南国で見かけたら食べてみてください。

曲は久しぶりにR.Kellyですね。

R. Kelly - Backyard Party

文化 | 11:28:26 | コメント(0)
ZootopiaとInside out -アダルトシフト
こんにちは、サイです。

最近続けてPixarアニメを見ました。

ZootopiaとInside outですね。

両方見ていて、思うのは、ディズニーコンテンツは大人向けにシフトしていて、子供には理解できない部分があってもかまわないというスタンスに変わりつつあるのか、ということです。

Zootopiaはアメリカ社会の現実、ドナルド トランプに代表されるレイシストが支配する社会を描いているし、Inside outは人間の記憶をされる仕組みを勘定との組み合わせで残していく、脳の現実を描いています。

また、ニュースメディアで発信する情報が自分の発言とは、意図しない部分が拡大され、あっという間にSNSの影響にさらされ、コントロールできなくなる現実をリアルに描きます。

こういった内容を実際に体験しない中で、小学生など理解ができるかは不明ですが、少なく実感として感じることは難しいと思います。

ただ、大人であれば、体験しないことであっても、実際の可能性としてそのことが実感として感じることはできると思います。

実体験とバーチャルな体験にどのような差があるかは、個別事例にもよりますが、感覚的に違うことは分かります。
ただ、AIが中心となる世界では、実体験とバーチャルな体験に差がなくなり、本人も区別ができなくなってきます。
ただ、その大元がどのようになっているかソースを残してトレースできるようにしておく必要はあると思います。

これは、普通の人が、クローンで生まれた人間と通常の人間を外見上では区別ができなくても、そのソースとして戸籍、エンティティID,生年月日など詳しく残しておくことを放棄すれば、外見上区別できないクローンが引き起こす問題に対応できなくなると思います。

最近、LimitlessというUSドラマを見ているのですが、そのなかでもどのように記録を残し、トレースするかを用意しないと後から発生する大問題に対応ができなくなることが示唆されています。

Limitlessのストーリーは、定職を持たない20代の主人公が、EZTというドラッグによって脳神経のすべてのセルにアクセスすることができるようになり、FBIのコンサルタントとして働くようになります。
ただ、EZTの効果は12巻で切れてしまい、未確定な副作用があり、過去に何人もの死者を出している秘密のプロジェクトで政府がその存在自体を認めていないものとなっています。ただ、謎の上院議員モラは、
その副作用を防ぐ別のインジェクションをもっていて、モラの参加にはいれば、副作用を発生させずに、EZTを服用することができるため、主人公はその条件を飲みます。一話完結で難事件を解決するSci-Fiストーリーです。

曲は久しぶりにLifehouseです。
Lifehouse - Mesmerized


映像 | 13:14:39 | コメント(0)
デビュー作にこめる思いの強さ
こんにちは、サイです。

8月になりました。

ミュージックアーチストにとって、デビュー作にかける思いは、格別なものです。

自分の中の分身にいのちを吹き込み、それを目にしたことのないオーディエンスに投げかけるため、どのような結果になるかも分からない中で、
完成形として、提示するので、どのように受け止められるかは予想ができない怖さがあります。


それが大ヒットになることもあるし、まったく見向きもされないこともあります。

ただ、結果的にOne Hit Wonderになるにしても、その時点で自分持っているものをすべてこめていることは確かだと思います。

Keith Sweatがデビューしたときは単純に、自分のテイストにぴったりだったので、すぐにのめりこみました。

Keith Sweat - Right and a Wrong Way

その後の方向性もこのまま進んでいくことになります。

音楽 | 10:28:09 | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。