スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Mobileメーカーのリストラに思うこと
こんにちは、サイです。

モバイル端末メーカーは競争が激しく、大規模買収もたびたび発生しています。

2012年にGoogleが125億ドルで買収したMotorolaですが、今度は、Lenovoに29億ドルで売却されています。

詳しい経過はわかりませんが、2014年には、4万人だった従業員が大幅に削減されていて、Lenovo買収前には、1200人までになっています。

Lenovo、傘下Motorolaの大幅人員削減

Googleは、125億ドルで、買い取ったMotorolaを29億ドルで売却するまでの間に、Motorolaの幹部を手に入れ、その後、収益力のなくなった抜け殻の弱体企業を手放したように見えます。

さらに、Lenovoは、1200人を700人以上削減するといっていますので、Motorolaの核となるビジネスはすでに、流出済みで、あとは残った部品を解体して、割り当てるという作業が進んでいるのではと想像しています。

まるで、死んだ人間全体では価値はないが、その中に宿っている内臓を個別に取り出すことで、解体後のパーツとしての価値が高いことをを見越して、買収しているのではと思っています。

モトローラいえば、携帯電話の出初めから活躍していた老舗で、第2次世界大戦前、自動車ラジオのメーカーから、戦後、携帯の端末メーカーになっていきます。

日本の東芝、シャープが解体されていくのを見ている気がします。

本体よりも解体した部品に価値があるっていう現実は厳しいですね。

Bobby Womack - I'm so proud


スポンサーサイト
政治経済 | 12:23:25 | コメント(0)
ローカライゼーション対応とグローバル対応の両立
こんにちはサイです。

昔からソフトウェアの世界では、ローカル独自機能への対応をどこまでするかということで、開発者は決断を迫られましたが、同じことがハードウェアの対応でもあります。

以下は、その対応とどこまでの利用範囲を想定するかということにより、出来上がるものが違ってきます。

「ACアダプター」に込めた開発者のこだわり

Bobby Womack - Where Do We Go From Here



文化 | 12:27:19 | コメント(0)
言の葉の庭とボビーウーマック
こんにちは、サイです。

日本では、シンゴジラに続き、君の名は。がヒットしているという話題でもちきりです。

両方とも個人的に見れていないので、何ともいえないですが、この前、言の葉の庭というアニメをみましたが、前評判通り、映像が突出して美しいというのが最初お感想です。

この映画では、古事記の短歌によって、自分の気持ちを相手に伝えるということが試されます。

このように特定の相手に対して、メッセージを理解して欲しいというのは、よく分かります。分かる人だけにわかってほしいという身勝手であり、正直な気持ちです。


--鳴る神の 少し響みて(とよみて) さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ

--雷神(なるかみ)の 少し響みて 降らずとも 我は留らむ 妹し留めば

新海誠監督インタビュー「これは雨宿りの映画」

この映画を見て昔聞いていたボビーウーマックのPoetというアルバにある曲を思い出しました。

Bobby Womack - If You Think You're Lonely Now


映像 | 12:58:38 | コメント(0)
911後の表現の自由、治安維持法の体制確立
こんにちは、サイです。

以下のように、世界のさまざまな国で政府に不都合な情報を公にすると、いろんなところからから圧力がかかります。

それがいかのようなニュースで直接現われます。

風刺画で起訴された作家、裁判所外で撃たれ死亡 ヨルダン

こういった流れは、911後のUSでPatriot Actが待ってましたとばかりに翌月に法律が成立します。

この後、ハリケーンカトリーナの後にニューオーリンズが解体され、大企業に格安で売却する流れが加速します。

また、日本でも311後に特定秘密保護法が東日本大震災の情報統制として、成立します。これは、まるで、無政府主義、共産主義を取り締まるためという名目で治安維持法が成立していく流れとまったく同じものです。

ニューヨークで最近、テロ事件として、中東からの移民が逮捕されましたが、これは完全にFalse flag attackであると思います。

今後、10月以降に大きな事件が起こる前触れでしょうか。

Chris Rea - Fool If You Think Is Over


政治経済 | 11:27:31 | コメント(0)
最近のSci-Fiシリーズなど
こんにちは、サイです。

9月の後半から新たなTVシリーズがスタートするようですが、まだこれといってみたいものが見つかっていません。

Sci-Fiの分野でシーズンが続くのはあまりなく、スーパーヒーローモノ以外では、3シーズンぐらいが一般的な限界なのではと感じています。

現状、Sci-Fiで興味があるのは、Limitless(すでにシーズン1で終了)、Dark Matter(シーズン3待ち)、Wayward Pines(シーズン3待ち?)ぐらいですね。

こういったシリーズは視聴後も何度か繰り返してみることが多いですね。

スーパーヒーロー者とは違い、倒すべきキングピンが明確になっていなくて、それを見つけることからストーリーが構成されている共通点があります。

あとは、ドキュメンタリーに近い、業界暴露モノという分野も最近増えていて、Ballers、Silicon Valleyなどはそのタイプですね。


Fool (If You Think It's Over) - CHRIS REA


映像 | 15:10:14 | コメント(0)
エヴァンゲリオン、ライ麦畑、ポールオースター、村上春樹
こんにちは、サイです。

日本では、シンゴジラ、君の名はなどの映画がヒットしているようですが、このジャンルは、”セカイ系”といわれるジャンルになるようです。

評論家東浩紀の定義によると、
それによればセカイ系とは「主人公(ぼく)とヒロイン(きみ)を中心とした小さな関係性(「きみとぼく」)の問題が、具体的な中間項を挟むことなく、「世界の危機」「この世の終わり」などといった抽象的な大問題に直結する作品群のこと」であり、代表作として新海誠のアニメ『ほしのこえ』などのこと。

こうした「方法的に社会領域を消去した物語」はセカイ系諸作品のひとつの特徴とされ、社会領域に目をつぶって経済や歴史の問題をいっさい描かない点をもってセカイ系の諸作品はしばしば批判も浴びた。つまりこの時期にはセカイ系とは「自意識過剰な主人公が、世界や社会のイメージをもてないまま思弁的かつ直感的に『世界の果て』とつながってしまうような想像力」で成立している作品であるとされている。

これらの「セカイ系」の用法においても、『新世紀エヴァンゲリオン』の強い影響があったとする見方は持続しているが、その一方で「きみとぼく世界」+「世界の危機」という構造はギャルゲー/アダルトゲーム特有の方法として現れたとする見方も提出されている。

やはり、そのさきがけが『新世紀エヴァンゲリオン』から派生しているといわれています。

ということで、シンゴジラ鑑賞前に、新世紀エヴァンゲリヲンを見てみました。監督が庵野秀明ということで、シンゴジラと同じということも深い関係であることがうかがいしれます。

高校時代に将来の進路を決める際、だれもが自分の可能性を信じて、かつ進む方向性を周りの大人から語られる既定路線とは違う方向に行きたいと誰もが感じますが、本当の自分の価値とは何かを知るには、学校という社会から切り離された世界から、知ることはできず、実際に社会に出てから実感として分かってくるというのが、通常の流れといえます。ただ、学校の選択においては、社会を知らないうちに、選択を迫られるため、とても不安に感じるのも事実かと思います。その答えをもとめて、クラブ活動、旅行、読書、漫画、テレビなど自分と同じように悩んでいる人と一緒に答えを探そうとするのが、その年代において行われる”自分探し”で、その結論はそれぞれ違って選択を結果的に選んでいくことになります。

実際にそういったテーマで書かれた本は、多く、村上春樹、ポールオースター、JDサリンジャーなど有名な本が多くあります。

ただ、日本においては、それが本としてよりも、アニメ、漫画で描かれることが一般的で、それが広く受け入れられる特別な社会であるような気がします。

Everette Harp - Better days



文化 | 14:06:50 | コメント(0)
US大統領選から見えてくるもの
こんにちはサイです。

ニュースからみえてくるのは、どちらも大きな支持を得ていないということに尽きますね。

選択肢として、消費税の2倍の増税をする候補と、医療負担を現在の2倍、どちらもいいことがないため、積極的に選択できるものではないという正直な感情となっていると思います。

クリントン、トランプ両氏とも不人気度上昇=WSJ調査

【米大統領選2016】なぜ私たちはクリントン氏に熱狂できないのか

苦戦中ヒラリーが支持されない根本的な理由

米大統領選 -民主、共和 本選は「不人気対決」

曲は、まさにこの候補に感じられるTrue Feelingです。
お前は信用できないんだというメッセージですね。

Eagles - Lying Eyes



政治経済 | 11:43:15 | コメント(0)
長年の勘違い-実はオリジナルではない
こんにちは、サイです。

9月になり、夏も終わりに近づいています。

少し前に、History of the Eaglesという映画を紹介しましたが、個人的にイーグルスの曲で一番好きだと思って曲があって、
よくよく確認してみると、オリジナルはTom Waitsだったということに最近気づきました。

以下がその曲です。
オリジナルよりも西海外のドライブウェーでかかりそうな曲で、明らかに東海岸ではないテイストがあります。

オリジナルも聞きましたが、こちらのイーグルスバージョンの方が個人的に好きだし、イーグルスの曲といってもいい気がします。

Ol' '55 - Eagles


音楽 | 13:44:59 | コメント(0)
エルサルバドルFireball Festivalの衝撃的光景
こんにちは、サイです。

ニュースで気になる記事がありましたので、記載しておきます。

投げるのはファイアボール、エルサルバドルの「火の玉合戦」

テレビや映画ではポストアポカリプスをテーマとした、Walking Dead、Wayward Pinesなどのプログラムが多くなってきていますが、実際の大惨事発生後にこういった光景がもしかすると起こるのかもしれません。
映画の世界ではなく、現実にイベントして、やっていることに驚きです。

Everette Harp - Old School


映像 | 13:57:26 | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。