スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
単独ヒーロー文化、多面ヒーロー文化 --テレビ、映画での主人公の相違
こんにちは、サイです。

こちらの記事で紹介するテレビショーは、比較的新しいものが多いのですが、そればかり見ているわけではありません。

古い番組では、Friday Night Lights,  7th Heaven, The Practiceなどすでに終了しているものも見ています。

それぞれの番組では、メインのキャラクターが設定されていますが、番組がフォーカスして、メインのキャラクター以外のエピソードにも深く描かれます。
まるで主人公を番組で1人に限定するのではなく、はじめからメインキャラクターが複数あることが前提になっているようにも見えます。

それに対して、日本の映画、テレビで描かれるのは、1人のヒーローの視点のみが提供され、別のキャラクターの視点がありません。常に視点が固定されています。
それぞれの映画を見ると、この違いがよく分かります。

曲は、Jermaine Dupriのプロデュースです。少し前はこの手の曲が多かったのですが、最近は少なくなりました。
Bow Wow - You Can Get It All

スポンサーサイト


文化 | 15:48:55 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。