スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
監査法人の悲劇 -いつか来た道
こんにちはサイです。

日本最大の監査法人:新日本監査法人について、東芝の会計監査の処分が決まったようです。

公認会計士法に基づいて21億円の課徴金納付命令とのことです。

最近では、旧中央青山監査法人がカネボウの粉飾に加担したとして、全面的な業務停止命令2カ月を受け、顧客が流出したという事件がありました。

その後も、日興コーディアル証券や三洋電機など監査先の不祥事が続き、中央青山監査法人は2007年7月末に解散しました。

少し前ですと、エンロン、ワールドコム、AIGの会計監査が問題になったとき、アーサーアンダーセンという会計事務所に対して、
2002年に監査停止命令により、会社が消滅となりました。そして、アンダーセンコンサルティングというコンサルティング会社は、
アンダーセンの名前を隠すためにアクセンチュアとまったく別の会社として再出発することとなりました。

新日本監査法人について、顧客離れは避けられないと思います。

http://toyokeizai.net/articles/-/97456
新日本監査法人に「鉄鎚」、顧客離散の危機


新日本監査法人に課徴金21億円・新規契約停止3カ月、金融庁命令


今後どうなっていくのか、気になるところです。

Brian Simpson - and the story goes
スポンサーサイト


政治経済 | 15:34:18 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。