スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
幸せの定義は個人的なもの --自分で幸せを定義することの意味
こんにちは、サイです。

トルストイの有名な言葉に以下のものがあります。

幸せな家族はどれもみな同じようにみえるが、不幸な家族にはそれぞれの不幸の形がある

トルストイ --アンナカレーニナの冒頭の一節

家庭について述べていますが、これは、通常の個人にもあてはなるのではないでしょうか。幸せな個人は外部から見ると、同じように見えますが、実際の中身はその本人が望んだ結果としてそのようになっているのではないでしょうか。


自分にとって仕事とは何か。それによって何がもたらされるか、それを実現するために必要なものはどのような具体的なステップが必要か。

アウトプットやそれに対する評価というような目標を持たずに、漫然と努力を続けている人は、この言葉にならえば、必死に歩いているけれど、それは近所をうろうろ散歩しているだけで終わる、ということなのかもしれません。

他人から期待される自分への期待は、自分のことを知らない他人が定義しているものであって、本人が望んでいるものではありません。自分が本当に望むものを他人の評価とは別定義をする孤独な作業なしで、”本当の幸せ”を定義することはできないのではないでしょうか。

「Good」で幸せな人は、そこでおしまい

曲は、50 Centが問いかける究極の質問です。
50 Cent - 21 Questions ft. Nate Dogg

スポンサーサイト


人生いろいろ | 16:23:31 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。