スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ホリデイの格闘 --新しいPCをめぐって
こんにちは、サイです。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

さて、クリスマスの日から今日までおやすみという方も多かったのではないでしょうか。

実は昨年の暮れ近くに新しいPCを手にして、ホリデイ中はそれとの格闘で明け暮れていました。

Windows10 PCにLinuxをインストールし、デュアルブートできるようにするという単純な設定ですが、思わぬところに時間がかかってしまいました。

今回躓いたところは、以下のポイントです。

1.初期のPCのHDDのクローンを作成するのに、バックアップアプリを使ったが、その際、無料とうたっているのが殆どであったが、実際にファイルコピーで制限をかけていて、
単純機能のクローンを作成する機能まで無料となっているのは、1つしか見つからなかったこと。

2.SSDにクローン作成後に、HDDを入れ替えしたが、Windowsは問題なく起動したが、UEFIのUSBでは、PCのBIOSで特定のISOが認識されないため、インストールがすすめることができなかった。
PCメーカーのサイトにブートUSBを認識させる方法の記載があったが、それをしても認識できなかったので、特定のLinuxのインストールを諦めるに至る。

3.2.のUSB認識をクリアしたLinuxのISOイメージであったが、ビデオ動画再生のVLCプレイヤーの再生でフルスクリーンにしても枠ができて最大化されないない不具合が見つかり、時間をかけてGoogleしてやっと解決した。

4.その後、Conkyをインストールしてモニターすると、KworkというシステムモニターツールがCPUの20%ほど、消費していることが判明し、Googleで調べてみるが、Linuxカーネルをアップデートするしか回避策がないらしく、一番のお気に入りのLinuxを諦める。

5.次点であったディストロをインストールして、ようやく、VLCの最大化とCPUソース大量消費を回避できるようになった。ただ、システムからのログアウトやシャットダウンがうまくいかないことがり、今後のカーネルのアップデート待ちとなっている。

以上、単純なセットアップでも新しいSkylarkなどのデバイスの周辺機器が認識されないことがあることを身を持って知りました。

この上さらにHackintoshでMacをインストールするとなると、今回の3日以上時間がかかることが予想されます。

こういった作業は時間に余裕あるときにやるのに限ります。

曲は、Euge Grooveです。
Euge Groove -Religify


スポンサーサイト


文化 | 19:18:44 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。