スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Linuxカーネルとの闘い続く -ハードウェアとの相性はやってみないとわからない
こんにちは、サイです。

まだまだ、PCとの格闘が続いています。

これまで以下のLinuxカーネルを試してみましたが、それぞれ個別に問題がありました。

1. 3.13.xx -PCのスピーカードライバーを認識せず音がならない

2. 3.16.xx  -インストールの終盤で書き込みができないとのメッセージがでて、インストールが終了しない

3. 3.19.xx  -アイドル状態で、KworkerのタスクがCPUの20%を占有する、また、シャットダウンが毎回正常に終了しない

4. 4.2 on Ubuntu Mate -上記問題、すべてクリアしているが、Conkyをデスクトップに表示した時、バックグラウンドと色が一致せずに調和が悪い

それで結局選んだのが、以下のものです。

Xubuntu 15.10 – See What's New

Appleなみに使いやすいと思います。

これを選択する前に、Voyager X8 Jessieを試してみましたが、Debian自体が未だUEFIに対応していないので、問題外でした。

世の中、自分でやってみてわかることがたくさんあると、初めて認識にしました。

ただ、Xubuntu 15.10のサポートは、2016年の7月までとなっているので、Voyager 16.04 LTSが出るまでの繋ぎではあります。

曲は、リングトーンのライブバージョンです。
Paul Brown & Marc Antoine - Foreign Exchange
スポンサーサイト


文化 | 12:00:22 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。