スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ボタンの話 --クロスオーバーイレブン風に
今日は、サイです。

クロスオーバーイレブン風にお届けします。
---------------------------------------------------------------------


小さいころからボタンを押すのが好きだった。

親からもらったりするおもちゃには大体ボタンがついていた。

手にとったおもちゃのボタンを押すと、さまざまなことが起こった。

-音がなる
-何かが飛び出してくる
-モーターが周り始める
-電源がオンになり、音楽がスタートする
-テレビのチャンネルが変わる

自分の中では、何がおこるか予想もしていないが、とりあえず何かが起こっていた。

何も理解しないまま、ボタンを押していた。

起こったことになんの恐怖も抱かず、ただ周りにあるボタンすべてを押していた。

バスに乗った時も自分の降りるバス停ではなくても、ボタンが光っていれば、乗車した次の瞬間押していた。

小学校の体育館にある非常用の消火器にもボタンがあり、それを押して、学校中に警報音が鳴り響いて、
怒られることもあった。

自分の中では、コントロールできるものがあり、それに変化をもたらすことができる自分の大きさを
確認したいと思っていたのかもしれない。ボタンを押すことでこんな大きなこともできる、と。

大人になると、ボタンを押した結果、何が起こるかは予想できるようになる。

電動歯ブラシの電源ボタンを押すと、振動が始まり、PCのキーを押すと、それに対応するキーが入力される。

ボタンを押して起こることに責任を持った上で、ボタンを押すという判断ができる。その結果に責任が持てなければ、押さない選択もできる。押すということは、結果に責任を持つことに同意したとされる。

ただ、世の中には、ボタンを押した結果がすべて予想できるわけではなく、押してみないとわからないものも多い。初めて訪れる場所で、電車やバスを利用するとき、上り方向が正しいか、下り方向が正しいか判断できないことに出くわすものです。その場合には押してしまうしか、選択肢がない。間違った場合のリスクも予想した上で。

曲は確か、クロスオーバーイレブンで流れたものです。

Steve Perry - Foolish Heart

Stanley Clarke - Heaven Sent (Ft.Howard Hewett & George Duke)

Gilbert O Sullivan - Alone Again (Naturally)

スポンサーサイト


音楽 | 17:36:56 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。