スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
SmartAssを出し抜く -ハッカーとドラッグディーラー
こんにちは、サイです。

Breaking Badの視聴終了しました。

この物語にたくさんのことが描かれています。

仕事場での評価
友人との関係
家族との関係
自分の夢
家族の将来計画
医療費支払への対応
信頼関係構築
信頼関係が崩れる結果
オープンになっていないマーケットでの売買リスクとその利益

などなど。

ウォルターが最後になぜドラック取引を続けたのかというスカイラーの問いに対し、以下のように答えたのが印象にこ残っています。

最初は家族を守るためと、答えたけど、実際は、自分のためにやった。
自分がうまくできる唯一のことが見つけ、それについては、だれにも負けない自信があった。

自分の力を最大限に生かせるのがこのドラッグの仕事だった、と。

ウォルターはドラッグの中に自分の居場所を見つけますが、その中で家族との関係、ジェシーとの信頼関係、ハンクとの信頼関係すべてを犠牲にするほど取り組んでしまう結果となります。

お金だけでつながっている弁護士ソウルとの関係は、あっさりしていますが、それ以外の関係はお金に換算できないほど大切なものでした。

このように、世の中に法律の裏をくぐって、生き延びるのはドラッグディーラーだけはなく、Mr.Robotに出てくるハッカーもこの人種にあたるのでないでしょうか。

大きな権力を持ち、世の中を牛耳っている人たちの鼻を明かし、自分の力を見せつけ、世間をあっといわせるニュースをおもたらしますが、それを得るために裏では、大きな代償を払っていることなります。

そういった犠牲を具体的に描いていたのが、このBreaking Badのストーリーだと思います。

曲は、またもやMazeです。

Maze & Frankie Beverly - While I'm Alone
スポンサーサイト


映像 | 16:10:49 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。