スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
中国ビジネスの実態 -国家の威信のため導入されるディズニーランドの場合
こんにちは、サイです。

花見のシーズンになると、日本国内に外国人が多くなりますが、その中で大半を締めるのが中国人です。

まっとうなビジネス習慣が確立していない中国では、すぐにコピー商品であふれかえるようです。


上海ディズニーはホントに大丈夫なのか? 早くも偽物グッズ、偽ホテルが続々 マナーの悪さも相変わらず…

あらゆる手段を使って、コストをかけずにモノを売ろうという姿勢はある意味中国の伝統芸といえます。

この記事にもありましたが、香港のディズニーランドが赤字であるとは知りませんでした。

このような場合、US本国とのフランチャイズ契約を破棄して、独自のHongKonese Landなど名前だけを変えて、劣化コピーとして運営される可能性も大いにありえますね。

さて、曲はまたもやクラシックです。

Toni Braxton - Breathe Again
スポンサーサイト


政治経済 | 10:38:29 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。