スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Daredevilはすごい -ダークサイドとブライトサイドのバランス
こんにちはサイです。

4月になりました。

新しい生活がスタートした人が多いと思います。

さて、最近日本でも話題になっているNetflixですが、どのような反応があるのか分かりませんが、いろんな競争相手があって実際にコンテンツを比較しないと評価できない状況ではないでしょうか。

Netflixは、個人的に好みに合わないものも多いですが、リスクをとって面白いものをつくろうとしている姿勢は、明確です。

その中で、Daredevilですね。

最近、シーズン2が公開されて、再度話題にあがっています。

US版座頭市もしくは空手キッドインニューヨークというのが近いかもしれません。

個人的に思いつく、このショーの特徴は。

1.戦う相手の双方の背景を詳しく描いている

2.目の前の敵と戦いながその背後にある最終的な大ボスがいることをほのめかしながら、さらに敵の背後で操る人物を他段階で描いている

3.主人公以外に、敵に対してリベンジを果たそうとする、ニュースリポーター、複数回殺人のターゲットになりながら生き延びたサバイバー、などそれぞれが別のアジェンダをもちながら、敵の真相に近づこうとする、複数アングル

4.毎回敵と対峙したときに、銃を使わずに敵を倒すことを、自分のルールとしてそれを必死に守ろうとするストラッグル

5.主人公が方向性を見失ったときに、ソルジャーとして、厳しく訓練して、ほんもののウォーリアとして、自分の夢を託したステックとの師弟関係

などの特徴があります。

コマーシャルなしで、50分超というのは、結構長いですが、毎回の先頭シーンと主人公の葛藤が全体のストーリーとともに描かれます。

曲は、人生のよさを噛み締めたいときに聞きたい曲です。

Darius Rucker - It Won't Be Like This For Long
スポンサーサイト


映像 | 15:53:40 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。