スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
The man in the high castle
こんにちはサイです。

最近、ディスとピアをテーマとする映画、TVショーなど増えていますが、その中で、今後のアメリカ自体が今のままではこのっていかないというのが多くの場面で描かれます。

The man in the high castleはアマゾンから配信されていますが、原作自体は、40年以上も前に発表されたものです。

第2次世界大戦が終わり、勝利したのが枢軸国、ドイツ、日本、イタリアという設定です。
そして、アメリカがニューヨークなど東側がドイツにより統治され、サンフランシスコなど西側が日本というように分割して統治されているという状況です。
ドイツ側がテクノロジーを発展させ、数々のハイテク製品を生み出しますが、西側の日本は、古い文化に浸って、テクノロジーに遅れをとっています。
そこでドイツが虎視眈々と、西側をも手にしようと、いろんなスパイ活動をおこない、日本を脅かしているなかで物語がスタートします。

ドイツ、日本に住んでいる両方の住民とも警察からの強い監視を受け、自由な活動とは程遠いなかで生活しています。
昭和の戦争前の治安維持法で、国民を監視する憲兵隊の残酷さ、それを受ける国民の息苦しさが画面からよく伝わってきます。

アメリカ人がどのように日本人をみているかが分かるようになります。
無表情で、なんの感情も出さず、交渉の場面に現われる日本人は不気味さを相手に与えます。

曲はEuge Grooveです。

https://www.youtube.com/watch?v=6DMZtVatHUg
スポンサーサイト


映像 | 13:48:04 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。