スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
中国人と日本人
この世で成功するには二つの道しかない。一つは自分の勤勉によるもの。一つは他人の愚かさによって儲けること。 -ラ・ブリュイエール

There are only two ways of getting on in the world: by one's own industry, or by the stupidity of others.


日本人は、これまで、正直者は常に報われると信じて疑わず、まずその努力の方向性が正しいかどうかという検証に時間をかけることができなかったことが、現状の日本の姿を映していると感じている。

これからの日本人にとっての戦略

1.自分の立ち位置(既存のシステム上の位置づけ)
2.長期的に自分の望ましい結果を手にすることの進むべき方向性
3.現状、短期的に取り組むべきこと、優先されるべき事項


昔、何度か三国志を読んでいて感じたことがある。

それは出てくるすべての人物がすべて”政治的な”人間であることだ。これは日本人には想像もつかない、圧倒的なものだ。

自分の欲望実現のために、人殺し、戦争、謀略などあらゆる手段を使い、常にプランBが用意されているということだ。このベースになっているのは、自分は常に正しい、ゆえに自分の欲望もすべて正しく実現する価値がある、そのためにいろんな手段を使って、それを目指すことは常に正当化されるというものだ。

ただ、このような伝統の社会では、権力を手にして、すべてを実現した後でも、力を持った新参者から狙われる。つまり、権力者が国を作り、それに反対する新たな権力者がその国を倒し、そして、また、別の権力者が現れるという、無限の戦争をもたらす。

そのベースには、自分の能力を磨くことよりも、真っ先に既存のシステムの弱点を攻めた方が早いという認識からです。中国には昔から優れた思想家が多数存在したが、それをもってもこの流れを変えることはできなかった。中国人が根本から”政治的な”人間であることを改めない限り、この悪循環を逃れることはできない。中国人の優先順位は、自助努力 < システムc弱点を攻める の優先順位のままでは、他人から奪うというメンタリティは変わりようがない。

日本人の戦略である 自助努力 > システムの弱点を攻める というのは、まず自助努力からスタートし、その次にシステムの弱点(特性)を攻めるというのは、長期的にとても優れた戦略だ。特にむやみに他人のものを奪っていく中国人がはびこると世界は表示に不安定になっていく。

真面目な記事になってしまって、文体も不安定なところがあり、お許しください。

ここではリラックスできる一曲の紹介です。
Pieces Of A Dream - Steppers "D" Lite




スポンサーサイト


文化 | 21:00:22 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。