スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
昔、片岡義男の本を読んでいたときに浮かぶイメージ -Crazy Ken Bandの世界
こんにちは、サイです。

かなり前に、スローなしてくれという映画がありました。
そのときに感じたのは、小説が映像になると、どうしても質がおちてしまうな、という残念な感じは、ぬぐえませんでした。

ただ、これを読んだときに感じた自由に生きるという感覚は、やはり、自分の中でイメージされるものがあるときに鮮明に見ることができ、映像から押し付けられると、
なんか違うという感覚になっていました。

ただ、久しぶりにCrazy Ken Bandの曲を聞くと、あのときにもっていた大人になるというイメージがそのまま浮かんでくるような感覚がよみがえりました。

大人は、いろんなしがらみの中でいきいている中、そのしがらみから自由になるときの開放感は、なにものにも替えがたいものがあります。

Crazy Ken Band -Girl Friend
スポンサーサイト


音楽 | 13:37:35 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。