スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小児ガン増加トレンド
こんにちは、サイです。

11月になり、クリスマスの声がたくさん聞こえてきます。

気になるニュースがありましたので、記事にしておきます。

マイケル・ブーブレ、3歳長男のがん公表 活動休止へ

アメリカや日本でも幼児がガンになるという話は最近増えています。

国立がん研究センターがん対策情報センターによると、小児がんとは以下のものです。

小児がんは、小児がかかるさまざまながんの総称です。

主な小児がんは、白血病、脳腫瘍、神経芽腫(しんけいがしゅ)、悪性リンパ腫、腎腫瘍(腎芽腫(じんがしゅ)、ウィルムス腫瘍)などです。血液のがんである白血病や悪性リンパ腫を除き、大人ではまれなものばかりです。胃がんや肺がんなどは、子どもにはみられません。

神経芽腫、腎芽腫(ウィルムス腫瘍)、肝芽腫など「芽腫」と呼ばれるがんの原因は、胎児の体の神経や腎臓、肝臓、網膜(もうまく)などになるはずだった細胞が、胎児の体ができあがった後も残っていて、異常な細胞に変化し、ふえていった結果と考えられています。大人のがんとは異なり、生活習慣にがんの発生原因があると考えられるものは少なく、網膜芽腫やウィルムス腫瘍のように、遺伝するものもあります。

3歳でがんになるとは、親からの生活習慣を引き継いだ遺伝子が大きな要因である気がします。

親本人の健康状態も詳しく調べた方がいいのではと思います。

Michael Bublé - Everything
スポンサーサイト


文化 | 12:20:23 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。