スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
単純な構造の組み合わせがもたらすバッハのメロディーの本質
こんにちは、サイです。

バッハは日本の江戸時代に当たる時代に活躍した作曲家ですが、作曲には、スタイルを持っていました。
ブランデンブルク協奏曲、ゴールドベルク変奏曲に代表される曲に表れていますが、最初の導入部で、メインのメロディを提示し、それをいくつかの変更を施した楽節を繰り返しますが、最後には、基本のメロディーに戻ってきます。

その途中では、変化形の楽節をいくつも現れますが、当然メインのメロディのエッセンスは残したまま、多重的に繰り返し提示されます。
このような単純ですが、強力に、重層的に、進歩的に、音が人の耳になじむように、音の組み合わせの教育を施しているような現象となり、耳になじんでくるものとなります。

まるで人間の心理のすべてを知り尽くした上で、それに合うように設計されているかのようです。

これは、人時代前のパッヘルベルのカノンにも共通する構造です。

曲は、すこし速めのテンポですが、すきな解釈の演奏です。

J.S. Bach Violin Concerto in E major BWV 1042, Gidon Kremer

スポンサーサイト


音楽 | 18:24:37 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。