スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最近のドキュメンタリー --Cold Justice
こんにちは、サイです。

今回は、また、USのテレビショーを紹介します。

こちらは、Cold Justiceというタイトルで、今は、シーズン3が放映中です。

10年以上も未解決となっている事件を、元検察官と、犯罪分析官が新しいリードから事件を解決していくドキュメンタリーです。

この手のものは、最近は少ないですが、ドキュメンタリーなところが、通常ドラマと違うところです。

以下は、USアマゾンでの感想です。


-テレビのベストショー
犯罪解決ドキュメンタリーショーの中では、一番だと思います。一番面白い。ケリー・ジーグラー、ヨランダ・マクラリーの二人がチームを組んで、未解決事件に挑みます。このチームは、とてもクリエイティブで、プロとしての実力を持っていてるだけでなく、被害者への共感も持ち合わせています。彼らのやさしさは本物です。地元の検察がとうにあきらめてしまった昔のケースにどうどうと立ち向かい、犯罪を知っている人にインタビューを行い、逮捕と有罪確定に向けて行動します。すくなくとも同じ回を2回は見ています。現在放送中の番組の中では、1番の面白さです。地元警察の担当者だけでなく、ジョニー・ボンズ、スティーブなどの調査官も大好きです。
早くDVDになるのが待ち遠しい。

-犯罪ドラマ好きなら見逃せない
シーズン2をみてはまりました。この主人公-検察官とフレンジックアナリストの2人、未解決事件を再度見直し、新たな糸口を探す-が大好きです。未解決事件を何十年も背負って、すっきりできないでいる地元警察担当者に会いに行き、物証から新しい視点を提供します。彼らは、事件の納得できる解決と終結を求めう生き残っている被害者家族に会いに行きます。そして、事件の一番現実的なシナリオを、定義するために、警察の尋問のプロに会いに行きます。可能な限りの目撃者にインタービューに行きます。物証を再度検証し、犯罪現場を再現し、初回インタビュー、最近のインタビュー、動機などすべてを洗いなおします。そして、捜査した結果が有罪確定に向けて、毛プレゼンテーションをします。彼ら2人は、経験豊富で、プロフェッショナルであり、かつ、被害者への思いやりも強く持っています。そして、正義が最後に下されることを強く信じています。Cold Justiceは、犯罪による深い傷を負った人たちにクロージャーを与え、次に進んでいけるように、勇気を与えてくれます。

-私のお気に入り
このショーは、犯罪解決に向けて、経験、勇気、献身など行動を具体的に描いています。ジーグラーは、テキサスの前検察官であり、ヨランダは、CSIラスベガスのCatherine Willowsがモデルとなっているフレンジック分析官です。犯罪は時には、48時間以内に大きな進展がないと、解決がむずかしくなり、時には、未解決のまま終わっている現実が描かれます。

プロとしての誇りが描かれているBlue Bloodと同じくらい、気に入っています。

曲は、 落ち着いたピアノ曲です。

Brian Culbertson - Dreaming Of You
スポンサーサイト


映像 | 13:39:20 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。