スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
True Detective -事件が起こらない刑事ドラマ
こんにちは、サイです。

またまた、現在見ているTVショーを紹介いたします。

HBOでオンエアー中のTrue Detectiveです。

このドラマ相当変わっています。

クセのある刑事二人が主役になっていますが、ほとんどの場面がその二人へのインタービューになていて、ドキュメンタリーを見ているようです。

過去の事件について軽く触れるだけで、それについて、どういうアプローチで、どのような根拠で対応したかが、短いインタビューが次々と連続して流れます。

その中には、プライベートな問題で家庭がおかしくなっていて、それに対する、正直な気持ちが率直に述べられます。

アメリカ人の特徴ですが、自分が何かのステートメントを述べた場合、その理由、具体例をあげてそのオピニオンの補強する材料を並べていきます。

ある夜、バーにてこういう男がいて、そいつを殴って追い出した。

それはこういう理由で、このような根拠があり、こう考えたため、自分は正当化されると。

非常にシンプルな形で。

発言には常に論証する責任が問われます。

ステートメントは何に基いて、どのような理由から、他にどんな例があるかなど具体的な説明が必要であり、それがなければ、そもそも発言、意見を述べることはありません。

これが基本的なアメリカン人、アングロサクソンと呼ばれる人たちの習慣であることをしっておいて損はないと思います。

これと対照的なのは、いまだに大きな影響力をもつ2ちゃんねるなどの掲示板です。(ツイッターも日本では、匿名で使っている人が多く見られます。)

そこで述べられるのは、自分の立場を明らかにしたステートメントでなく、だれに向けたものではない独り言です。

この独り言が一人歩きし、独立した人格を持つかのように扱われます。

例えば、二ユースで ”【三浦知良】張本勲がカズとJ2リーグを侮辱 ネットで大炎上”などと騒がれています。

これは、評論家の張本勲が自分の土俵ではないサッカーのプロについて発言したことに、名前を名乗らない人たちが騒いでいるという構図です。

こういう匿名の発言が日本では、普通に許されていますが、USではありえないです。

自分に意見があり、根拠があれば、名乗るべきで、名乗らずに発言が一人歩きし、それが影響力をもつというのは、異常に見えてしまいます。

皆さんも自分の発現については、気をつけていただきたいし、常に根拠をもって発言するというのは、習慣ですので、すぐには難しいかもしれませんが、慣れておくべき文化の違いだと思います。

Flo RidaとNe-Yoのコラボレーションです。

Flo Rida ft Ne Yo - Be on You
スポンサーサイト


映像 | 13:22:53 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。