スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
たまにはコケージャンなものでも --ドラマでよく使われるLifehouseの曲
こんにちは、サイです。

日本では、まったく人気のないLifehouseですが、アメリカのテレビで耳にした人には、長く印象に残るようで人気があります。

特にヒーローもの、刑事ものなどのドラマの最後の場面や、分かれてしまった人や亡くなってしまった人との思い出を思い出したりするエモーショナルなシーンでは、効果的に使われます。

具体的には、Smallville, Criminal Minds、Supernatunalなど音楽でセリフを使わずに、感情をうまく伝えることに成功しています。

曲をきくだけそのドラマのシーンが思い浮かんでくるということも多いです。

感情を伝える言葉は、音楽と一緒になったときにはそのメッセージが強くなります。

それは、言葉が音楽という武器を備えたことでより具体的なイメージとして、言語コミュニケーションを超えて、よりダイレクトにイメージが伝わるからだと思います。

左脳を刺激するだけれでなく、右脳をコントロールするイメージでのコミューケーションは、よりダイレクトな伝達が可能となることが多くなります。

表現者がそれを意識していることが重要ですが。

曲は、Lifehouseが世の中で広く認められるアルバム'Lifehouse'をリリースしたときのもので、それに含まれています。

Undone - Lifehouse

スポンサーサイト


音楽 | 12:57:33 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。