スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
エリクソンの生き残り戦略 --市場の状況をコントロールすることはできない。だが、自分たちのオペレーションはコントロールできる
こんにちは、サイです。

とてもいい記事がありましたので、ご紹介しておきます。

創業139年、エリクソンはなぜモバイル業界で生き残れるのか


ノキアがゴムメーカーだったというのは、トリビアとして面白いかもしれません。

さて本題ですが、世の中で、自分がコントロールできることとできないことを明確に認識している人は少ないです。

昔からタイムマネジメントという言葉がありますが、われわれが時間自体をコントロールすることはできません。
われわれが、コントロールできることは、自分自身の行動だけです。
時間の中で、どのように行動するかしかコントロールできないことは、普段から意識すべきことだと思います。

それはたとえ、企業であっても、過信があれば、市場をコントロールできると思ってしまいます。

現在、エリクソンの業績は、いいですが、ノキア、ソニーが大赤字を出しているのと、対照的です。

一般的に、仕事上ストレスを感じるのは、コントロールできないことをコントロールしようとするときです。

例えば、明日の天気は、絶対晴れて欲しいと思ったとしても、それは、誰もコントロールできません。

上司が機嫌が悪くなっているとき、それを機嫌よくするようにコントロールすることはできません。

自分ができることは、雨が降ったとしても、影響が少なくなるように、野外での活動に影響がでない、行動に集中するなど、
コントロールできることにフォーカスを変えることで、ストレスはなくなります。

自分の位置づけを、世の中の動きの中で把握するという長期戦略の基本とも共通することだと思います。

ダーウィンの進化論(自然選択の理論) --強いものが生き残るのでなく、変化に対応できるものが生き残る

この大きな流れは、誰も変えることはできないのではないでしょうか。



曲は、クラシックJazzです。
Bill Evans - Waltz For Debby


スポンサーサイト


政治経済 | 18:16:12 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。