スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Alanis Morissette、Mr, Robot、ねじまき鳥、サリンジャー
こんにちは、サイです。

自分だけが不幸のどん底に陥ったとき、自分というものが客観的に見えなくなることがあります。

そのときは周りが見えないため、世界中で一番自分が不幸だと感じてしまう、ということは、誰もが経験することだと思います。

客観的に周りの状況、おかれている立場、選択肢の幅をみてみると、それなりに状況を抜け出す手段は実はそれほど苦労せずに選択可能となっていることは、あとから振り返ってみると、よく分かります。

まず、周りの人たちがどのような環境におかれているかを客観的に見ることは、小さい子供に一番難しいことかもしれません。

その上で、自分のことが深く理解する、本当の自分と、外部から求められている自分が同一であることはめったにありません。

保護者、学校の先生などからさまざまなストーリーでアドバイスが語られますが、それから実際に学べることは少なく、個人的な体験からの結果から学ぶことが多いと思います。
個人的な体験から、トラウマを抱え、それと正面から向き合う、本当の自分を知る旅が始まりますが、実際に本当の自分を探しにでることもせずに、手にすることはできないと思います。

アラニスモリセットのような経験をするのは、幸福なことでありませんが、そのひとつの体験が以降の人生のすべてを支配してしまうことの方がもっと不幸だと思います。
ひとつの体験で見方が固まり、それ以外の視点がもてなくなってしまい、一回限りのイベントがすべての人生をハイジャックしてしまうことこそ、不幸なことはありません。

ひとつのイベントからは、結果を受け止めて、それが満足できなければ、次回にその結果にならないように、自分を変えていくしか方法がありません。
それが自分を知る一番の近道だと思います。

6月からUSAネットワークで始まった。Mr.Robotという番組にはまっています。

簡単にいうと、会社のために忠誠をつくしていた父親が、簡単に大企業に見殺しにされ、大企業に対して、嫌悪感を持っているのが主人公です。そのセキュリティエンジニアが、アノニマスのようなハッカーグループにリクルートされ、その大企業に復讐していくというストーリーです。

ここでも、自分の受け取った結果に満足できず、その結果にならないように自分を変えていくという流れは同じです。

ねじまき鳥のはなしも大雑把に言うと同じストーリーラインになると思います。

基本的に、自分の保持い結果のために努力するクレイジージャンキーが活躍するというジャンルの話があれば、どうしても見てしまいますが、
そういった人種は、世の中からすれば、マイノリティーでしかありません。しかし、自分の価値観を大切にするということに関しては譲れないと自負している人たちだと思います。


Alanis Morissette - Hands Clean
スポンサーサイト


人生いろいろ | 14:01:13 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。