スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
服のサイズについて感じること -ジャストサイズとは何か
こんにちは、サイです。
クリスマスシーズンを迎え、街が買い物客でにぎわっていることが感じられる状況からお伝えします。

専門店、モール、あるいはアウトレットで洋服を買ったりする中で、いつも感じることがあります。

シャツなど、通常はSサイズを買うことがほとんどでたまに、Mになりますが、なぜかTシャツはMを選びます。

服などは標準がMとして、製造されていると思いますが、平均的なものより小さいSを選ぶときには、”自分は平均以下なのか”となんとなく劣等感を感じます。

高校生時代には、MもしくはLをかってサイズが合わなくても無理して来ていましたが、いまは自分に合うジャストサイズを選びます。

そのときには、常に例の劣等感にさいなまれます。

ただ、Tシャツにについては、Sを買ったこともありますが、なぜか窮屈に感じて、すこし余裕のあるMでちょうどいいかなという感じになっています。

皆さんも、サイズについて感じることはありますでしょうか。

不思議なことに、靴を買うときには、平均が不明なためか、まったくの劣等感は感じません。

コメディBlackishにつかわれそうな感じの曲です。

Keith Sweat - For You (You Got Everything)
スポンサーサイト


人生いろいろ | 10:28:03 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。